光拡散性ポリプロピレン樹脂成形材料「FULL BRIGHT(フルブライト)PP」を開発

パナソニック 光拡散性ポリプロピレン樹脂成形材料

 

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(以下、 パナソニック)は、 LED照明の長期使用、 軽量化や高輝度化に貢献する光拡散性ポリプロピレン(以下、 PP)樹脂成形材料「FULL BRIGHT(※1)(フルブライト)PP」を開発、 2016年4月より量産を開始します。 業界初(※2)の射出延伸ブロー成形対応で、 これまでの光拡散性PP樹脂成形材料では困難とされていた複雑な形状加工が可能となり、 お客様の設計の自由度向上に貢献します。

一般にLED照明の光源周辺に輝度の均一化を保つために拡散板を設置します。 現在、 この拡散板の素材としてポリカーボネートやアクリル系樹脂が多く使用されています。 しかし、 LED光源の設置環境が多様化する中、 拡散板の素材にはさらなる耐光性、 耐水・耐湿性、 耐薬品性、 高温での色調維持や強度が求められるだけでなく、 軽量化も求められています。 本製品は、 優れた耐光性、 耐久性を実現するとともに、 PP樹脂成形材料の低比重の特性を生かしLED照明の長期使用や軽量化に貢献します。

<特長>
1.射出成形に加え、 光拡散性PP樹脂成形材料では困難だった射出延伸ブロー成形にも対応。 お客様のアプリケーションに応じた複雑な形状加工が可能で設計の自由度向上
・従来実現できなかった0.5mmの薄肉成型が可能(加工による厚み精度10%未満を達成)
(同社従来品(※3)0.5mm厚ではブロー時に穴が開いて不可)
・MFR(流動性):25g/10min(同社従来品(※3)20g/10min)

2.従来PP樹脂成形材料の課題であった耐光性を克服し、 LED照明の長期使用に貢献
・耐光性:90℃+UV(※4) 環境下90日間処理(約2000時間)後の変色
ΔE:2以下(屋外使用10年に相当)(同社従来材(※3)ΔE:17)

3.低比重の特性を生かしLED照明などの軽量化に貢献
・比重:0.93(ポリカーボネート1.2と比較し、 同じ体積で比較した場合重量を30%軽減)

※1 「FULL BRIGHT」は、 パナソニック株式会社の商標
※2 2016年4月5日現在、 射出延伸ブロー成形ができる光拡散性PP樹脂成形材料として(パナソニック調べ)
※3 パナソニック従来PP樹脂成形材料
※4 UV照射強度400W水銀灯(30cm距離)

<用途>
高い意匠性や複雑な加工および耐久性が求められるLED照明(自動車などの車室照明、 屋外看板、 店舗照明、 水周り照明)、 デジタルサイネージなど

<備考>
2016年4月6日~4月8日に東京ビッグサイトで開催される「高機能素材ワールド2016」に出展します。

【商品のお問合せ先】
パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 電子材料事業部
https://industrial.panasonic.com/jp/contact-us

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 光拡散性ポリプロピレン樹脂成形材料「FULL BRIGHT(フルブライト)PP」を開発(2016年4月5日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/04/jn160405-3/jn160405-3.html

<関連情報>
・パナソニックのプラスチック成形材料
http://industrial.panasonic.com/jp/electronic-materials/products/pmc#fullbright
・パナソニックの電子材料
http://industrial.panasonic.com/jp/electronic-materials

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)