品種改良成功!! マグカップの形をしたフルーツが誕生!! 山梨フルーツ研究所×Ugadell Design

これが桃!?これが柿!?新品種誕生!! ドライジーフルーツとは?!

デザインオフィスUgadell Design(ウガデルデザイン)は、 山梨フルーツ研究所と共同で、 マグカップの形をした新品種の果実5種(ぶどう・さくらんぼ・柿・桃・ブルーベリー)の開発に成功いたしました。

マグカップを食洗機で洗浄後、 裏底に水が溜まらないように設計された特許取得済みの『Drieasy(ドライジー)』ですが、 開発者はもっと良い商品ができないか、 日々研究を重ねている。 そんなとき、 『となりのトトロ』のめいちゃんがキュウリを丸かじりするシーンを見て、 「これだ!」とひらめいた。 「 食器を使用したあとに片づけるのが手間ならば、 食べてしまえば良い。 」目からうろこの発見だった。 Ugadell Designは早速、 珍しい形の果実の品種改良を得意とする山梨フルーツ研究所に「フルーツでマグカップができないか」と相談をした。

山梨フルーツ研究所の全面協力のもと、 5つのマグカップ型の果物の品種改良に成功した。 左から、 ぶどう・さくらんぼ・柿・桃・ブルーベリーで、 どれも山梨県で生産されている果実である。 「柿と桃以外は実が小さく、 まずは大きな実にするところから始めました。 時間はかかりましたが、 ドライジーの形状を果物で完全再現し、 その上で『片づけるのが手間なら食べてしまえば良い』 というUgadell Designさんの要望を叶えることが出来ました!」と、 山梨フルーツ研究所所長は自信をうかがわせる。

完全再現しようとしたドライジーの形状と機能

完全再現しようとしたドライジーの形状と機能

しかし、 そもそも、 皮をむくのが非常に手間だという指摘がある。

「98%以上は皮と種でできています。 」

衝撃や熱い飲み物にも対応できるよう、 あえて皮を厚く品種改良を行ったのだと所長は話す。 ドライジーフルーツの厚い皮をむくのは非常に大変で、 その上、 実の部分はスプーン一杯分に満たない。

実の 部分の比率を上げていくのが当面の目標だという。
美濃 焼のマグカップ『Drieasy』のご購入はこちらから
http://ugadell.jp/?minogashite

おすすめの底なしのマグカップ『Drieasy-USO』はこちらから
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000018036.html

前回のプレスリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000018036.html

最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。
4月1日は、 エイプリルフールです。

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)