第5回「日本ビール検定」検定終了 1,374名が合格 ~快挙! 3度目の1級首席合格 ~札幌在住 男性会社員(44歳)が偉業を達成~

一般社団法人 日本ビール文化研究会(所在地:東京都渋谷区、 代表理事:三上 浩嗣)は、 第5回「日本ビール検定(愛称:びあけん)」を2016年9月25日(日)に開催した受検結果を報告します。

札幌、 東京、 名古屋、 大阪、 福岡の全国5会場にて実施しました。 本年の受検申込者総数は3,102名(受検者総数2,677名)、 合格者総数は1,374名(合格率51.3%)となりました。 全5回の累計では、 18,979名の受検申込を頂戴し、 9,997名の合格者を輩出しています。

本年の1級合格者は10名であり、 合格率5.1%という難関となりました。 さらに、 第2回、 第3回で首席合格を果たした札幌市在住の男性が、 本年も首席合格する快挙を達成。 1級合格者は累計で52名(実数47名:3名が2度合格、 1名が3度合格)となっています。

受検者傾向を見ると、 第4回以降20代が最も多く、 本年は32%の構成比となりました。 また、 30代も30%の構成比となっており、 20~30代で全体の60%以上を占めています。 男女比を見ると、 女性が31%を占めました。 職業別では73%が酒類を仕事としていない方々で、 昨年から学生の受検者が増えてきているのが特徴です。 20代を中心に、 ビールへの興味・関心が増しているものと思われます。

当会では、 日本ビール検定を通しビールの多様性や楽しさを伝え、 更にビール文化の発展に貢献していきます。 今後の活動についても、 是非ご期待下さい。

 

■ 受検者の声(受検後アンケートより)
・今回、 兄弟でそろって1級を受けました。 (男性/30代)
・検定後、 すごくビールが飲みたくなりました。 とても楽しい検定だと思います。 (女性/20代)
・「びあけん」を知って、 本当にビールのことがより好きになりました。 チャンスがあれば2級・1級も挑戦したい (男性/20代)

■ 第5回「日本ビール検定」2・3級において、 最も正答率の低かった問題
3級 問028 (正答率:11.7%)
問題:イギリスのパブでよく飲まれており、 黄金色から銅色の液色で、 軽くフルーティな口あたりとマイルドな泡立ちが特徴のビールを、 次の選択肢より選べ。

1.  スコッチエール
2.  イングリッシュオールドエール
3.  イングリッシュ・ビター
4.  スコティッシュエール

解答:3. イングリッシュ・ビター
選択肢の内、 問題の特徴を満たすビアスタイルは「イングリッシュ・ビター」です。 本年改定した『日本ビール検定公式テキスト 2016年6月版』よりビアスタイルの記載内容を充実。 そこからの出題となりましたが、 2級・3級を通して最も正答率の低い設問となりました。

■ 第5回「日本ビール検定」2・3級において、 最も正答率の高かった問題
3級 問001 (正答率:84.5%)
問題:ビールの原料となる「麦」について、 次の文章を読んで答えよ。

【文章】
麦とは、 大麦・小麦・ライ麦・エン麦などの総称で、 ビールの原料となる麦は(A)がほとんどです。 その中でも、 ビール醸造で多く用いられるのは、 穀粒が(B)列に実る(A)です。

問001:(A)に入るものを次の選択肢より選べ。
1.  小麦     2. ライ麦    3. エン麦   4. 大麦

問002:(B)に入るものを次の選択肢より選べ。
1.  ニ       2. 三        3. 四        4. 六

解答:問001…4. 大麦    / 問002…1. 二
本年、 最も正答率の高かった設問は3級の第1問目(問001)となりました。
ビールの原料を問う基本問題となります。 なお問002の正答率は76.9%でした。

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)