国連WFP、革新的な虹彩認証技術をヨルダンのシリア難民への食糧支援に導入

アンマン発-国連WFPは、 瞳の虹彩を読み取ることによって地元商店での買い物の清算ができる革新的な虹彩認証支払システムを、 試験的にヨルダンの難民キャンプに暮らすシリア難民の人々を対象に導入しました。 これにより人々は、 現金や食糧引換券、 クレジットカードの代わりに、 瞳を読み込ませることによって、 食料品を購入できるようになります。

 

ヨルダン北部のキング・アブドゥラ公園難民キャンプで暮らすシリア難民の人々は、 従来は国連WFPが電子マネーをチャージしたプリペイド式の食糧引換カードを使い、 食品を購入していました。 この度の虹彩認証支払システムの導入により、 人々はスーパーで買い物をする際に、 虹彩認証カメラを見て読みとらせるだけで、 食料品の支払いができるようになりました。

国連WFPヨルダン事務所長のマジード・ヤヒアは、 「食糧そのものを配っていたシリア紛争勃発当初の数ヶ月間と比べると、 食糧支援における飛躍的な進歩と言えます。 この技術のおかげで、 食糧支援がより効率的で透明性の高いものになります。 また、 難民生活を送る人々にとっては、 買い物がより簡単に安全にできるようになります。 ヨルダンが中東地域における最新技術の発信地に発展するためにも、 この地で革新的な技術が導入されることは、 一層意義深いことです。 」と述べました。

この国連WFPの革新的な虹彩認証支払システムには、 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の生体認証による難民登録データが使用されています。 虹彩認証プラットフォームの開発は、 ヨルダンの現地法人アイリス・ガード(IrisGuard)社が手がけ、 システムの運営はヨルダンアリ銀行、 中東決算システム(Middle East Payment System) の協力のもとに行われます。

カメラが瞳の虹彩を読みとると、 システムは自動的にUNHCRの難民登録データに情報を照会し、 中東決済システムを通じてヨルダンアリ銀行に購入者の食糧支援の残額を確認後、 支払処理が行われます。

国連WFPは今後、 この新しい虹彩認証支払システムを、 ヨルダン国内の難民キャンプに住むすべてのシリア難民へ適用していく予定です。 難民キャンプ内での実施評価次第では、 難民キャンプ外での使用も検討する予定です。

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)