2015年 中部写真記者協会賞でメ~テレ「四日市あすなろう鉄道」がグランプリ受賞!

~12月23日(水・祝)から「中部報道展」にて上映~

中部写真記者協会(新聞・通信・放送 計31社加盟)の協会賞が12月16日(水)に発表され、 最も優れた報道映像に贈られる「テレビ・映像部会」の協会賞(グランプリ)に、 メ~テレ(名古屋テレビ放送)の「ローカル線の魅力 ~四日市あすなろう鉄道~」が選ばれました。 メ~テレのグランプリ受賞は、 2009年以来3回目となります。
受賞作品は、 12月23日(水・祝)~29日(火)に名古屋市中村区の名鉄百貨店本店で開かれる「2015年 中部報道展」で上映されます。 (入場無料)

「ローカル線の魅力 ~四日市あすなろう鉄道~」より

<受賞作品>
「ローカル線の魅力 ~四日市あすなろう鉄道~」

(メ~テレ制作 ニュース情報番組「UP!」2015年5月6日放送)

<作品概要>
廃線の危機にあった近鉄内部・八王子線は、 4月1日から「四日市あすなろう鉄道」として再出発を切った。
三重県四日市市を走るこのローカル線は、 軌道の幅が狭く、 今では全国に3路線しかない「ナローゲージ鉄道」としてファンの人気も高い。 戦後間もなく作られたレトロな車両など、 「昭和の趣」がこの鉄道の魅力の一つとなっているが、 老朽化が進み、 今後次々と新しい車両に代わっていく予定だ。
沿線住民の思い出が宿る、 「四日市あすなろう鉄道」の今をカメラで追った。

川原 和征カメラマン

<受賞者>
メ~テレ映像技術部    川原 和征(かわはら かずゆき)カメラマン(50歳) (有) 柳プレスサービス所属
<過去の受賞歴>
一般社団法人「日本映画テレビ技術協会」 第66回(2012年度)映像技術賞(撮影技術ニュース部門)
対象作品:「ローカル線の魅力~三岐鉄道・北勢線」(「UP!」2012年10月29日放送)

<中部写真記者協会賞での受賞歴>
2012年    ローカル線の魅力 ~三岐鉄道・北勢線~    「映像企画部門」優秀賞
2013年    ローカル線の魅力 ~明知鉄道・沿線の情景~    「映像企画部門」奨励賞
2014年    ローカル線の魅力 ~養老鉄道~    「映像企画部門」奨励賞
2015年    ローカル線の魅力 ~四日市あすなろう鉄道~    協会賞(グランプリ)※今回

<受賞のコメント>
ローカル線の取材を始めて5年、 これまでに7本の企画を放送しました。 それぞれの鉄道について、 どこに魅力があるのかを考えぬき、 常に全力投球で映像化に臨んできました。
今回賞を頂いた「四日市あすなろう鉄道」は、 今年4月に第三セクターに代わり、 廃線の危機を脱したものの、 老朽化した車両がぎりぎりの状態で運行を続けています。 まさに「昭和の香り」が色濃く残る路線です。 この企画を通じて、 「四日市あすなろう鉄道」の魅力が一人でも多くの人に伝わればうれしく思います。

※なお、 メ~テレは上記のグランプリに加え、 「ニュース企画部門」にて「しおりの戦後70年 ~おじいちゃんの左腕~」(撮影:高田竜也カメラマン、 鈴木崇義カメラマン)が奨励賞に選ばれました。

(参考)
「2015年 中部報道展」
・会場:名古屋市中村区 名鉄百貨店本店 本館10階 クローバーサロン
・期間:12月23日(水・祝)~29日(火) ※29日は午後5時まで ※入場無料

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)