ディズニー映画の悪役の子どもたちが主人公の最新映画「ディセンダント2」ディズニー・チャンネルにて、10月に日本初放送決定!

ダヴ・キャメロン、ソフィア・カーソンからコメントが到着!

全国のケーブルテレビおよびBS・CS放送などで放送中の ディズニー・チャンネル は、 2015年に大ヒットを記録したディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー「ディセンダント」の続編 「ディセンダント2」 を、 10月、 日本初放送します。

(C)Disney

(C)Disney

また、 日本での放送発表にあわせて、 主人公マル役(「眠れる森の美女」マレフィセントの娘)を演じるダヴ・キャメロンと、 マルの親友であるイヴィ役(「白雪姫」イーヴィル・クイーンの娘)を演じるソフィア・カーソンから、 日本のファンに向けてメッセージが届きました。

ダヴ・キャメロン(マル):
続編が決まったと聞いた時は、 もう凄くテンション上がって、 すごく嬉しかったの!本当に!前作が終わった時にすぐに続編をやりたいって思ったの。 だって「ディセンダント」は、 私の居場所だから。 音楽もレベルアップしてものすごいことになっているし、 恋愛はより複雑に、 そして新しい登場人物も、 何もかもがバージョンアップして、 すごく楽しくて、 華やかに仕上がっているの。 日本のファンのみんなのことが、 とても大好き!ファンのみんなはとても大切な存在だし、 早くみんなにこの作品を見てもらいたい。 毎日、 みんなのことを考えているのよ。

★ダヴ・キャメロン(21歳) ディズニー・チャンネルの大人気ドラマシリーズ「うわさのツインズ リブとマディ」で人気を不動のものとした、 今大注目のディズニー・チャンネル スター。

ソフィア・カーソン(イヴィ):
イヴィは、 私の人生を変えてくれた。 だから、 彼女として新しい物語を伝えていくことを光栄に思っているの。 続編は、 魅力的な物語になっているから引き込まれることは間違いないし、 ミュージカルナンバーも最高!前作でイヴィの伝えるメッセージは“ガールパワー”だったけど、 続編では、 イヴィが夢を叶えようと決意するのと同時に、 自分自身や生い立ちへの葛藤と戦うの。 いつもファンのみんなからの愛とサポートにとてもとても感謝しているの!日本のみんなに「ディセンダント2」を見てもらえることにとってもワクワクしているわ!

★ソフィア・カーソン(24歳):前作で、 その演技力と歌唱力に注目が集まり、 ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー「ベビーシッター・アドベンチャー」への出演や、 歌手デビューを果たすなど、 活躍の場を広げているディズニー・チャンネル スター。

「ディセンダント」は、 英語で“子孫”を意味し、 ディズニーの人気キャラクターにもし子孫がいたら?という斬新なアイデアから生まれたテレビ映画です。 続編である「ディセンダント2」は、 新たな登場キャラクターとして、 「リトル・マーメイド」の悪役アースラの娘・ウマ(チャイナ・アン・マクレーン)が登場することで大きな話題となりました。 全米では7月21日に、 5つの放送局で異例の同時放送が決定しています。

いよいよ10月、 日本初放送となる 「ディセンダント2」 に、 是非ご注目ください!

ディズニー・チャンネルの最新情報は、 公式サイトdisneychannel.jp、 公式Twitter @disneychanneljpへ!

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)