7月26日は幽霊の日! 「幽霊」ソングDAMカラオケリクエストランキング 1位は米津玄師「ゴーゴー幽霊船」

株式会社第一興商(東京都品川区 代表取締役社長 林 三郎)は、 7月26日の「幽霊の日」にちなんで、 通信カラオケDAMにおける「幽霊」ソング※カラオケリクエストランキング調査を実施しました。
※「幽霊」、 「霊」、 「GHOST」、 「おばけ」のいずれかをタイトルに含む上位30曲を抽出

http://www.dkkaraoke.co.jp/newsrelease/dkreport/201607.html
当ランキングで1位になったのは、 米津玄師の「ゴーゴー幽霊船」です。 2012年にリリースされた1stアルバム「diorama」に収録された曲で、 「ちょっと病弱なセブンティーン」「回る発条のアンドロイド」などミステリアスな世界観の詞とアップテンポなリズムが特徴的で、 一度聴くだけで耳に残ります。 自ら作詞作曲からボーカル、 アレンジャー、 アートワーク、 動画制作までを手がける米津玄師は、 動画サービス「niconico」にボーカロイド曲を投稿するボカロP“ハチ”としても音楽ファンを魅了しており、 自身の作品の総再生回数は6,000万回を超えるなど注目の高さがうかがえます。

2位のサザンオールスターズ「愛の言霊~Spiritual Message~」は、 1996年にリリースされた曲でドラマの主題歌や企業のキャンペーンソングとして起用され、 ミリオンヒットを記録しました。 独特な旋律と譜割り、 サビの「生まれく叙情詩(せりふ)とは蒼き星の挿話 夏の旋律(しらべ)とは愛の言霊」という繰り返しの歌詞にインパクトがあり、 自然と口ずさんでしまう不思議な魅力があります。

3位のグレープ「精霊流し」は、 毎年8月15日に長崎県で行われる精霊流しをテーマにした曲で、 1974年にリリースされました。 亡き人を偲ぶ詞としめやかなメロディが哀愁を引き立たせています。 また、 グレープ解散後にソロとなったさだまさしがセルフカバーした同曲も5位にランクインしました。

夏は、 肝試しなどで盛り上がる季節です。 お化け屋敷で涼むのもいいですが、 涼しいカラオケルームで「歌の腕試し」はいかがでしょうか。

当社の100チャンネルのデジタル音楽放送「スターデジオ」/「スターデジオ光」では、 当ランキングに関連した番組を7月31日に放送予定です。

当ランキングは当社の通信カラオケDAMの歌唱度数を集計して算出しました。 DAMは、 全国のカラオケ設置店舗・施設においてたいへん高いシェアを持っています。
http://www.dkkaraoke.co.jp/newsrelease/dkreport/201607.html

「幽霊」ソング DAMカラオケリクエストランキング
調査期間:2015年7月1日~2016年6月30日
株式会社第一興商 通信カラオケDAM調べ

■1~15位

 

■16~30位

当ランキングは、 通信カラオケDAM全端末の歌唱度数を集計して算出しました。

http://www.dkkaraoke.co.jp/newsrelease/dkreport/201607.html

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)