『Travel.jp』、今夏の旅先を調査した「夏旅ランキング2017」を公開

~国内は定番の行き先が人気、海外は近距離圏が躍進で順位激変!

株式会社ベンチャーリパブリック(本社:東京都港区 代表取締役社長:柴田啓 以下:ベンチャーリパブリック)が運営する国内最大級の旅行情報サイト『Travel.jp(トラベルjp)』 (http://www.travel.co.jp/ )は、 本日、 今夏の旅行計画に関するアンケート結果を発表しました。
http://www.travel.co.jp/special/summer/survey.html

【トラベルjp 夏旅ランキング2017】

(1)今年の夏旅の予定は?(複数回答) (回答数:1,833)

【1泊以上の国内旅行】 47.0%(昨年比+1.2ポイント)
【まだ決めていない】 16.1%(昨年比-5.5ポイント)
【日帰りの国内旅行】 15.3%(昨年比-1.8ポイント)
【海外旅行】 13.5%(昨年比+2.8ポイント)
【旅行の予定はない】  8.2%(昨年比+3.4ポイント)

例年通り、 日帰り・一泊以上を合わせた「国内旅行」が6割強を占めています。 「海外旅行」を計画している方は昨年より3ポイント弱増えており、 「まだ(行き先を)決めていない」が旅に出ようとは思っている、 という層を合わせると、 旅行の計画がある人は全体の9割を超える結果となりました。

(2)今年の夏旅は誰と行きたい?(複数回答) (回答者数:1,338)

【子供を含む家族・親戚】 34.4%(昨年比+4.7ポイント)
【恋人・夫婦】 33.4%(昨年比+2.3ポイント)
【1~2人の友人・同僚】 10.7%(昨年比-5.0ポイント)
【親と】  8.9%(昨年比+1.2ポイント)
【ひとり】  7.7%(昨年比-0.5ポイント)
【3人以上の友人・同僚】  3.5%(昨年比-2.9ポイント)

夏休みで複数人数の予定も組みやすいことからか、 上位3位の内容は順位の変化はあれど、 例年と変わらない結果となりました(昨年は「恋人・夫婦で」が1位)。 一方、 「ひとりで」旅行をするという層は昨年より少しポイントを落としたものの7.7%と、 「3人以上の友人・同僚」と旅行をする大人数派の倍以上。 1名でも追加料金がなく申し込めるツアーもありますし、 せっかくの長期休暇だから気兼ねなく旅をしたい、 と考えるひとり旅好きが根強くいることが伺えます。

(3)一人あたりの予算は?

国内旅行(回答者数:884)    海外旅行(回答者数:377)
【3万円~5万円】 24.1%             【5万円~10万円】 16.8%
【1万円~2万円】 19.0%             【10万円~20万円】  7.8%
【2万円~3万円】 18.2%             【20万円以上】    3.7%

国内旅行では2、 3位をやや離して「3万円~5万円」が、 また海外旅行では「5万円~10万円」が2位の倍以上のポイントを獲得して、 ともに昨年の2位から順位をあげて1位となりました。 海外旅行では、 1位から3位までがすべて倍以上のポイント差となりました。 今年はゴールデンウィークに長期休暇を取得した方も多かったのか、 海外旅行は少し予算を抑える傾向なのかもしれません。

(4)旅行の目的は?(複数回答)
下記に記載されているものは上位よりTOP5を抜粋しております

国内旅行 (回答者数:1,444)
【温泉】 18.9%(昨年比-0.4ポイント)
【グルメ】 17.3%(昨年比+3.0ポイント)
【動物園・水族館・テーマパーク】 15.7%(昨年比+2.5ポイント)
【世界遺産・寺社仏閣・歴史的建造物】 12.0%(昨年比なし)
【海・ビーチリゾート】 10.1%(昨年比-2.3ポイント)

1位は昨年同様「温泉」ですが、 3位「動物園・水族館・テーマパーク」は昨年からひとつ順位を上げています。 昨年ランクインしていた「山・高原リゾート」にかわって今回新たにランクインしたのは、 「世界遺産・寺社仏閣・歴史的建造物」でした。

海外旅行 (回答者数:287)
【世界遺産・歴史的建造物・遺跡】 27.5%(昨年比+1.6ポイント)
【海・ビーチリゾート】 21.6%(昨年比-0.2ポイント)
【グルメ】 16.0%(昨年比-2.4ポイント)
【ショッピング】 14.3%(昨年比+0.9ポイント)
【テーマパーク】  4.8%(昨年比なし)

海外旅行の一番人気は昨年と変わらず、 「世界遺産・歴史的建造物・遺跡」でした。 1位から4位に順位変動はなく、 昨年ランクインしていた「山・高原リゾート」にかわって今年は「テーマパーク」がランクインしました。

(5)(国内旅行)今年の夏旅はどこへ行きたい?(複数回答)(回答者数:1,151)
下記に記載されているものは上位よりTOP5を抜粋しております

【東京ディズニーリゾート】 5.9%(昨年比+1.7ポイント)
【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】 5.4%(昨年比+1.2ポイント)
【京都】 4.8%(昨年比+0.9ポイント)
【沖縄本島】 4.3%(昨年比+0.2ポイント)
【長野】 3.7%(昨年比-0.5ポイント)

国内ランキングは、 順位の変動はあっても昨年と同じ行き先が上位を占めました。 1位と2位は昨年同率1位でしたが、 「東京ディズニーリゾート」がさらにポイントを伸ばして単独の1位に。 昨年初めてランクインした「長野」は今年もその人気が衰えず、 順位は昨年の同率1位から下げはしたものの、 ランキング内に踏みとどまりました。

(6)(海外旅行)今年の夏旅はどこへ行きたい?(複数回答)(回答者数:282)
下記に記載されているものは上位よりTOP5を抜粋しております

【ハワイ】 16.4%(昨年比+6.6ポイント)
【グアム】  9.2%(昨年比なし)
【台湾】   7.8%(昨年比-0.1ポイント)
【タイ】   5.9%(昨年比-1.0ポイント)
【韓国】   5.5%(昨年比なし)

昨年のランキングは、 1位から順に「ハワイ」「台湾」「タイ」「シンガポール」「アメリカ」でした。 今年はランク外から「グアム」が2位に、 「韓国」が5位に入り、 「シンガポール」と「アメリカ」をランク外へ押し出す格好に。 「ハワイ」は昨年から7ポイント近く伸ばすなど根強い人気が伺えますが、 その一方で2位から5位は比較的近距離で、 あまり時差のないエリアで占められる結果となりました。

【アンケート調査概要】
目的:旅行に興味を持つトラベル・ジェーピーのユーザーが今夏の旅行についてどのように計画しているか、 その消費動向と影響・実態を把握する。
期間:2017年4月3日(月)~2017年5月7日(日)
方法:インターネット調査。 トラベル・ジェーピーのサイト上にアンケートページを設置。
対象:トラベル・ジェーピーユーザー。 有効回答数1,833件
※内訳の比率は、 数値を四捨五入しているため合計が100%にならない場合があります

[データの引用、 転載について]
・当ランキングの内容及び結果に関する著作権は、 当社に帰属いたします。
・当ランキングを掲載する際は、 必ずクレジットを明示くださいますようお願いいたします。
(例)旅行比較サイト『Travel.jp』調べ / 『Travel.jp』が発表した2017年夏の旅行アンケートによると…
・掲載される場合は弊社までご連絡ください。
・当ランキングの第三者への有償提供及び無断での複写・複製・転載・要約・改変等を禁止いたします。
・当ランキングは情報の提供を目的としており、 データの正確性・確実性・信頼性及び有効性等について、 保証するものではありません。
・利用者は、 自己の責任において当ランキングを利用するものとし、 当社は、 当ランキングの利用に関して一切の責任を負いません。

【Travel.jp(トラベルjp)について】
『Travel.jp(トラベルjp)』は、 国内および海外旅行の情報を専門に扱う国内最大級の旅行情報サイトです。 大手旅行会社を含む約200社が販売する厳選された100万件を超える格安航空券、 国内外パッケージツアーをまとめて検索・比較することができ、 また、 国内約30,000軒および海外約100万軒のホテル・宿についても横断検索することができるサービスを提供しています

(株式会社ベンチャーリパブリック:運営サイト)
・旅行情報サイト『Travel.jp』(トラベルjp) http://www.travel.co.jp/
・旅の専門家が教えるガイドメディア『トラベルjp<たびねす> http://guide.travel.co.jp/
http://trip101.com/ (英語版ページ)

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)