ザ・リッツ・カールトンで京都の伝統文化と魅力を再発見 京都ならではの伝統・文化を体験できる多数のアクティビティをご用意

紀元794年、 天皇家は京都の地に遷都し、 “静穏と平和の都市”を意味する平安京と名付け、 日本の歴史上最も華やかと謳われる平安時代が幕を開けました。 全国各地において藩が各地を統治していた時代、 天皇家が東京に遷都する1869年まで、 まさに1000年以上もの間、 京都は日本の「首都」として存在し続けたのです。 京都には、 1,600の仏教寺院と400を超える神社、 城や建造物、 庭園などが当時のまま保存され、 いにしえの歴史と文化が色濃く残る世界でも稀な都市と言われています。

平安貴族の別荘が多く立ち並ぶ鴨川のほとりに佇むザ・リッツ・カールトン京都では、 京都でしか経験できない洗練された体験をゲストの皆様にご提供すべく、 当ホテルの経験豊かなスタッフが、 それぞれの季節に応じた最適な体験や、 ユニークなアクティビティを企画し、 年間を通じてご用意しています。

                                                                                          
【イブニングラン/サイクリング】
京都はこの時期、 もっとも美しい季節を迎えようとしています。 秋から冬にかけて、 ホテル近郊の観光スポットに立ち寄りながら心身ともにリフレッシュできるオリジナルのランニング・サイクリングコースをご用意いたしました。 日没後にライトアップされた秋の京都は旅の思い出に彩りを添え、 華やかに演出してくれることでしょう。
【サイクル嵐山】
嵐山は平安時代、 皇族や貴族のための別荘地として栄えた街中の喧騒から離れた静かで風光明媚なエリアです。 このたび、 嵐山の訪れるべき場所を全て網羅できるとっておきのサイクリングコースをご用意いたしました。 木漏れ日の美しい竹林や静寂な寺院を自転車で訪ねる、 お勧めの半日ツアーです。

【サムライ エクスペリエンス】
侍の衣装を実際に身に着け、 剣舞のエキスパートから日本刀や扇の扱い方、 華麗な剣舞の舞いなどを習得できます。 プロによる演武を楽しみながら、 京都伝統の武士道について学べるアクティビティです。

【日本酒テイスティング】
ザ・リッツ・カールトン京都のソムリエと一緒に日本酒の基礎知識を学びましょう。 数種類の日本酒テイスティングは特製のアパタイザーとともにお楽しみください。

【和傘作り】
歌舞伎、 日本舞踊、 茶道など、 日本の伝統行事や茶事などでも活用され、 日本独自の文化を象徴するものとして今も重要な役割を果たしている和傘。 創業百年余りの京和傘屋の職人がマンツーマンで教えてくれるミニ和傘づくり体験を通し、 楽しく学びながら京都の伝統美を体験ください。

【石鹸作り体験】
客室に備え付けのフェイスソープやバスソルトは「京都しゃぼんや」による逸品。
三条通にある「京都しゃぼんや」の店舗で、 色と香りを自由に選びながら、 オリジナルの石鹸を体験いただけます。

「私達は、 世界に名立たる京都の素晴らしい歴史と文化を、 ザ・リッツカールトンが誇る高水準のホスピタリティとともにお客様にご提供できることを誇りに思います。
京都というこの素晴らしい場所、 そしてザ・リッツ・カールトン京都で、 お客様が生涯忘れ得ぬ思い出を作られ、 ご家族やご友人とのストーリーが紡がれるお手伝いをさせていただきます。
(ザ・リッツ・カールトン京都 総支配人 マーク・ノイコムのコメント)

京都というエリアの有する、 壮麗な伝統を尊重するために、 ザ・リッツ・カールトン京都では、 元々ホテル敷地の一部にあった庭石、 滝岩などの遺産をそのままの状態で保護することによって、 ゲストの方々に京都の持つ独特で伝統にあふれた雰囲気をお楽しみ頂いております。

ザ・リッツ・カールトン京都について:
京都の北から南へ流れる鴨川のほとり、 東山三十六峰を一望できる最高のロケーションに建つ「ザ・リッツ・カールトン京都」は、 祇園や河原町、 先斗町など繁華街に近く、 観光やビジネスにも便利なアーバンリゾートです。 日本の伝統と現代的な欧米様式の融合を図りながら、 歴史ある周辺環境にも調和する外観デザイン。 京都の伝統・文化のエッセンスが散りばめられたラグジュアリーな空間で、 ここでしか味わえない上質な時間を提供します。 「ザ・リッツ・カールトン京都」の総客室数は134室。 客室平均面積は50m2 と京都市内最高水準の広さを誇り、 レストランやバー、 宴会場、 スパをご用意しています。

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)