秋の行楽で「和ンプレート」をさりげなく贅沢に演出! おうちランチに、アウトドアごはんに!オモテワシケースがTODAY’S SPECIALで販売開始

お弁当の仕切り容器としてはもちろん、 手軽に持ち運べ、 しっかりしたオモテワシケースを豆皿がわりに使えば、 アウトドアでもワンプレートな小さなワクワク感を演出します。

今年2月に新発売した「和紙の器」オモテワシケース(製造販売元:株式会社コム・システム)は、 気どらないけれど心のこもったおもてなしをさりげなく演出するのに最適のアイテム。 行楽の秋、 みんなでおいしいものを食べよう!といった気楽なランチ会などで活躍しそうです。

例えば、 InstagramをはじめとするSNSでも話題の「和ンプレート」に、 常備菜たっぷりの手作りランチを盛りつけ、 自宅やアウトドアで楽しむといったシーン。 外にも手軽に持ち運べ、 しっかりしたオモテワシケースを豆皿がわりに使えば、 ワンプレートに立体感と彩りを添え、 和の気分をプラスするアクセントになります。 ピクニック気分で公園ランチ、 あるいは涼しくなってきた庭やベランダにキャンピングチェアを持ち出してアウトドアごはん、 といったときの小さなワクワク感をオモテワシケースが演出します

インスタグラマーによる投稿

 

オモテワシケースは、 9月16日より、 人気のライフスタイルショップ「TODAY’S SPECIAL」(株式会社ウェルカム)の自由が丘店、 京都店でもお求めいただけます。 同店での販売開始に合わせ、 1万人以上のフォロワー数を誇る人気インスタグラマーが、 オモテワシケースを使ったおしゃれな盛りつけ方などをハッシュタグ #omotewashi #todaysspecial で投稿しています。

「和紙の器」オモテワシケースは、 すかし和紙をまとった美しく繊細な見た目でありながら、 厚みのある食品用PETフィルムを貼り合わせているため、 安全性、 耐久性、 保形性に優れており、 弁当箱の仕切りはもちろん、 ワンプレートにのせる豆皿としても便利な品です。 最大の特徴である高知土佐産のすかし和紙で演出される風合いと、 柄ごとに取り揃えた和色のカラーバリエーションは、 盛られた食材をそっと引き立て、 おもてなしを視覚的に演出します。 華やかな「和紙の器」オモテワシケースがあれば、 秋の行楽ランチ、 年末年始のパーティー、 さらにお花見など、 おもてなしのシーンがますます楽しくなりそうです。
 

◇ ライフスタイルショップ「TODAY’S SPECIAL」について、 https://www.todaysspecial.jp/

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)