話題のアメコミ『ヒットマン』。ゴッサムシティきっての殺し屋トミーに訪れる最終審判!! 翻訳版が最終巻まで一挙3巻発売!!

アメコミのヒット作品『ヒットマン』。 ゴッサムシティで超人専門の殺し屋ヒットマンが、 超人相手に立ち向かうアクションアメコミ作品。
「犬溶接マン」という絶大なキャラのインパクトで日本で話題となった本作ですが、 主人公トミーのハードボイルドなキャラクターも要注目。 ゴッサムシティが舞台なので、 当然バットマンやキャットウーマンも物語に絡んで来ます。
殺し屋稼業の容赦ない現実を前にトミーは逆境に打ち勝つことはできるのでしょうか……!?。
今回、 最終巻の5巻まで、 3巻同時発売となります。

『ヒットマン』は、 アメコミを出版するDCコミックス社の数あるヒーロー作品のひとつ。 アメコミといえば、 同じ作品内に他のヒーローも登場することがありますが、 ヒットマンにもバットマンが1巻の冒頭のシーンでいきなり登場します。 なぜなら、 舞台がゴッサムシティだからなのです。 同じDCコミックス社から出ている作品は、 同一の世界”DCユニバース”が舞台となります。 地球に似た架空の世界で、 超能力を持ったヒーローと敵対するやはり超能力を持った悪党たち(ヴィラン)が登場します。 ゴッサムシティは、 この架空の世界に存在する都市なのです。

さて、 物語ですが、 アクション満載のハードボイルドタッチの男臭い話になっています。 主人公のヒットマンことトミー・モナハンは普通の人間ですが、 超能力(透視力)とテレパシーの能力を持っています。 仕事は、 超人専門の殺し屋です。 同じ殺し屋仲間の友人と会っては酒を飲み、 ポーカーに興じ、 女性に優しく、 野球賭博で金を失ってしまう……。 そしてまた、 金を稼ぐために超人殺しを引き受ける、 という日々。 畳み掛けるように登場する超人たちの姿形はモンスター級で攻撃方法も力も半端なく、 それを拳銃だけでケリをつけるヒットマンも凄い、 という凄いが炸裂する構成で、 物語に引き込まれて行きます。 時に挟まれる、 主人公のモノローグのシーンもなかなか味があります。

悪党側の超人は、 ロボ、 キャット・ウーマン、 グリーン・ランタンをはじめ、 後半の巻数には恐竜や吸血鬼まで登場。 同時にヒットマンたちとつるむ三流ヒーローチーム、 “セクション8″も絶妙なキャラクターたちと言えます。 犬溶接マンことドッグ・ウェルダー、 性欲で戦うブエノ・エクセレンテ、 酒瓶で頭を殴るシックスパックなどキワモノ揃いの8人です。
ヒットマン、 トミーはこの難局を幾度となく乗り越え、 ついに怒涛の最終巻を迎えます。 果たしてその運命や如何に……。
* * * * * * * *
各巻348~384ページという大ボリュームで、 本編オールカラー。 2巻までは既に発売済みですが、 今回は最終巻の5巻まで、 3巻、 4巻とも合わせて一挙発売となります。
『ニンジャスレイヤー』原作者のブラッドレー・ボンド&フィリップ・N・モーゼズも、 「独特のアトモスフィアがあり、 凄い。 」と絶賛する本作。
巻末には日本オリジナル付録を毎巻収録。
翻訳の海法紀光による作品注釈やDCコミックスの世界観の解説にくわえ、 DCコミックスに登場する様々な変人キャラクターを紹介する「奇天烈アメコミキャラ名鑑」も収録。
アメコミ初心者も楽しめる充実の内容となっています。

■新刊

  • 書名: ヒットマン3、 ヒットマン4、 ヒットマン5(最終巻)
  • 脚本:ガース・エニス/漫画:ジョン・マクリア/訳:海法紀光
  • 発売日:2017年5月18日
  • 判型:B5変形
  • ページ数:3巻368、 4巻348、 5巻360
  • 定価:3780円(本体3500+税)
  • 発行:KADOKAWA

■既刊

  • ヒットマン1、 ヒットマン2
  • 発売日:1巻2013年8月31日、 2巻2014年2月28日
  • 判型:B5変形
  • ページ数:1巻384、 2巻352
  • 定価:3240円(本体3000+税)

※Amazon、 ebtenでは購入特典(イラストカード)付きの限定販売あり
http://ebten.jp/p/9784047305205/
http://ebten.jp/p/9784047305212/
http://ebten.jp/p/9784047305229/

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)