あの『君の名は。』をヌキ、No.1大ヒット!(1劇場当たりの週末興行成績No.1)映倫R15+ 指定の“オトナのための”CGアニメ映画『ソーセージ・パーティー』 なんと!ホットドッグの売り上げも150%!(*TOHOシネマズ 六本木ヒルズ調べ)

2016年夏にアメリカで公開されると、 あれよあれよと全世界興行収入1億ドル突破の大ヒットを記録!その大ヒットを受け、 日本でも11月4日(金)より緊急公開された、 ハリウッドの超問題児セス・ローゲン主演・製作の“オトナのための” CGアニメ『ソーセージ・パーティー』。

11月4日(金)初日には、 ホットドックの着ぐるみを来たスタッフによって、 TOHOシネマズ六本木ヒルズ限定の初日先着プレゼントとして「ソーセージ・パーティー手帳」が配布。 初日限定とあって、 多くの観客が来場しほぼ前回満席となった。 映画館には「『ソーセージ・パーティー』を見ながらホットドッグが食べたいんだけど、 売り切れてない?」と心配する電話が続き、 「バカ売れです!」(TOHOシネマズ 六本木ヒルズ・古澤支配人談)。 15歳以上が鑑賞できるR15+指定ということから、 高校生らしき男子達から幅広くシニア層までが来場。 それだけでなく女の子同士3人組など、 「みんなで見ちゃえば恥ずかしくない」的なノリでやってくる女性グループも。

全国6館のみの公開にもかかわらず、 金曜日の初日だけで2,446,100円の興収(1,625名動員)となり、 土日では合計6,719,500円(4,366人動員)に。 3日間で早くも9,165,600円(5,991人動員)の大ヒットスタートとなった。 11月5日 (土)&11月6日(日)の週末では1館当りの興収が1,119,916円となっており、 『君の名は。 』のアベレージ866,228円を抜き、 週末興行成績としてパー・スクリーンNo.1の数字をたたき出した。 (興行通信社調べ)

SNSでも盛り上がっており、 「単なるお馬鹿映画だと思って観に行ったら、 とんでもないお馬鹿映画だった(褒めてますが)」「ホットドッグ食べながら観る『ソーセージ・パーティー』、 まじ最高以外の何者でもなかったですわ」「ブラックジョークとパロディと悪ノリが8割くらいを占める映画。 特に中盤からはヒートアップ。 「ひっどいな…」「最低だな…」とずっと頭で思いつつ、 顔はにやけてた。 」などの興奮した感想に、 「早く見に行きたい」と反応する声が続々。 レイトショーも強く、 さらに数字を伸ばしていきそうだ。

<ストーリー>
“ショップウェル”は郊外にあるスーパーマーケット。 食材たちは選ばれ、 買われることを夢見て毎日陳列されている。 きっと外の世界は「楽園」に違いないと。 ソーセージのフランクは、 パンである恋人のブレンダと結ばれ(合体し)ホットドッグになる運命(ハート)だと信じている。 そしてついに夢が叶う日が!二人揃ってお客様がカートにイン!しかしテンションMAXではしゃぐ二人を乗せたカートにアクシデントが発生し、 スーパーマーケットに取り残されてしまう。 夢に破れ絶望するフランクとブレンダだが、 実は命拾いしたことに気付く・・・なぜなら彼らは“食材”だからだ。 「食われてタマるか!」運命に逆う彼らの闘いがはじまる!

監督
コンラッド・ヴァ―ノン(『マダガスカル3』『シュレック2』)
グレッグ・ティアナン(『劇場版きかんしゃトーマス』シリーズ)

音楽 :アラン・メンケン& クリストファー・レナーツ

声の出演
セス・ローゲン(『カンフーパンダ』シリーズ)、
クリステン・ウィグ(『ゴーストバスターズ』)、
ジョナ・ヒル(『ウルフ・オブ・ウォールストリート』)、
エドワード・ノートン(『バードマン』)、
サルマ・ハエック(『長ぐつをはいたネコ』)

11月4日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズ ほかロードショー!

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)