東京メトロとドラえもんの「すすメトロ!」キャンペーン第3弾「駅空間の機能向上」篇がスタート! 駅を気持ちよく、のびのび、ご利用いただくための各種取組みをご紹介CMやポスターなどは、10月1日(土)から順次展開予定

東京メトロ(本社:東京都台東区、 社長:奥 義光)は、 「こんなこと、 できたらいいな」を叶えるドラえもんを起用し、 鉄道事業を中心とした企業理念・企業姿勢及び各種取組みを紹介する「すすメトロ!」キャンペーンの第3弾として、 駅を気持ちよく、 のびのび、 ご利用いただくための各種取組みをご紹介する「駅空間の機能向上」篇を、 2016年10月1日(土)からスタートします。

第3弾「駅空間の機能向上」篇がスタート!
キャンペーン第3弾「駅空間の機能向上」篇は、 CMやポスターを中心に2016年10月1日(土)から順次展開します。 座り心地や便利さを向上させたホームベンチのリニューアル、 ベビーシートやオストメイト対応設備などを備えた多機能トイレの整備、 駅構内の移動をスムーズにするためのエスカレーターの増設といった駅空間の機能性・快適性を向上させる各種取組みをご紹介します。 “のびのびだ。 ”をキーワードに、 ドラえもんが雲の上にゆったりと寝そべっているビジュアルを通じて、 よりいっそう快適になっていく駅空間のイメージを伝えていきます

CMイメージ

 

CMイメージ

CMイメージ

CMイメージ

キャンペーンの詳細は「すすメトロ!」特設WEBサイトで!
「すすメトロ!」特設WEBサイトは、 CM・ポスター展開に先がけて、 9月30日(金)14時にリニューアル公開します。 本コンテンツでは、 各施策の詳細な情報をお伝えするとともに、 CMやポスターでは伝えきれないエレベーターの増設やバリアフリールートの整備、 PC・タブレット端末の作業ができるワークスペースの設置などの情報も紹介しています。 是非ご覧ください!URL:www.tokyometro.jp/susumetro

〈すすメトロ!〉キャンペーンとは?
日々「安全」を担保し、 さらに「サービス」レベルを向上させていくことで、 全てのお客様に「安心」してご利用いただくこと。 この鉄道事業者としての使命を胸に、 さまざまな取組みを進めていくことを「すすめ、 メトロ!」の言葉に込め、 PRを展開していきます。 本キャンペーンのキャラクターには、 「ドラえもん」を起用し、 “未来に向けて東京をより良くしていきたい”という東京メトロの想いと施策を、 わかりやすくご紹介しています。

キャンペーンキャラクター:ドラえもん
22世紀からやってきた猫型ロボット。 おなかについた“四次元ポケット”から出る“ひみつ道具”でのび太を助けるのが使命。 のび太を守る保護者役でもあり、 いっしょに遊んだりする親友のような存在でもあります。 「こんなこといいな」を叶えるために、 ひみつ道具を次々と出すドラえもんの姿は、 お客様の安全や安心を叶えるために、 新しい施策や取組みにはげむ東京メトロの想いと通じるところがあると考えています。 「すすメトロ!」キャンペーンでは、 当社の想いと取組みを紹介してまいります。

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)