大ブレイク! ゆるかわ漫画『猫ピッチャー』(読売新聞連載中、BSでアニメ放映中)の、そにしけんじ氏が初めて描く児童書『うさぎのぴょんぴょん』!

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、 株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、 幼年童話『うさぎのぴょんぴょん』を発売いたしました。

 
本書は、 作が『ものすごくおおきなプリンのうえで』で日本絵本賞大賞を受賞した童話作家、 二宮由紀子氏による幼年童話。 絵はなんと、 いま大ブレイク中のゆるかわコマ漫画『猫ピッチャー』のそにしけんじ氏が担当しました。
そにしけんじ氏と言えば、 毎回、 新刊発売時に売上総合1位に飛び出るコマ漫画の『猫ピッチャー』(読売新聞 日曜版にて連載中、 BS日テレにてアニメ放映中)をはじめとして、 NHK・Eテレでも大人気の『ねこねこ日本史』の作者。
▼そにしけんじ氏のブログはこちら: http://ameblo.jp/hobo-zero-pet/entry-12180239525.html

『猫ピッチャー』の大ブレイク以来、 猫を描いてほしいという怒涛のオファーの中から選んだ作品が、 児童書『うさぎのぴょんぴょん』。 二宮由紀子氏のユーモアたっぷりのお話に、 そにし氏のとんでもなくかわいいぴょんぴょんの絵がハマり、 早くも子どもやママたちに大人気! 「『猫ピッチャー』のミーちゃんと、 うさぎのぴょんぴょんと、 どっちもかわいすぎて選べない!」という声が編集部に続々届いています。

すぐにバレちゃうような、 うそをつくぴょんぴょん。 幼い読者も「ばっかだ~(笑)」とケラケラ笑う

箱がうそをつくって…? 「うそ」って何だろう? おかしさの裏に、 実はふかーいテーマが!

ぴょんぴょん七変化! 「見返し」もぷぷっと笑える可愛さ

 

主人公のうさぎのぴょんぴょんは、 すぐにバレちゃうようなうそをついたり、 うそが恥ずかしくなったり、 危機を乗り切るためにうそをついたり…。 うそっていいこと? 悪いこと? 「うそ」って何だろう? と考えさせされる、 ちょっとドキドキ、 ゆかいなストーリー。

活字離れが懸念される昨今、 『かいけつゾロリ』など漫画のような挿画いっぱいの児童書が、 子どもたちに大きく支持されています。 本書も、 そにしけんじ氏による魅力的な絵が多数掲載され、 まだ読み物に慣れていない子どもたちでもさくさく読めて、 本を1冊読み切る達成感も味わえます。 絵本から児童書への橋渡しとなる作品です。

【商品概要】
うさぎのぴょんぴょん
ISBN:978-4-05-204463-2
定価:本体950円+税
発売日:2016年07月08日
判型:A5判/68頁
発行所:(株)学研プラス

【本書のご購入はコチラ】
・Amazon  http://www.amazon.co.jp/dp/4052044630
・楽天ブックス  http://books.rakuten.co.jp/rb/14273853/
・セブンネット  http://7net.omni7.jp/detail/1106671076
・学研出版サイト  http://hon.gakken.jp/book/1020446300

【児童書・絵本関連のニュースはコチラ!】
●イギリス発! フランス、 イタリア、 スペイン、 ノルウェー、 ドイツ…。 海外で愛されている、 色と模様のファーストボードブック/英語付き! 7月15日に2冊同時発売!
http://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=2535&release_id=746&owner=1
●人気シリーズ第6弾『さがそ! ちくちくぬいぬい』が7月5日に発売! 全てが刺しゅうで作られている美しい1冊。
http://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=2535&release_id=745&owner=1
●【聞く×見る×読むで1・2・3歳さん大喜び!】『てんぐのてんちゃん ぴよよよーん』6月23日(木)発売!【楽しい音ことばいっぱいのオノマトペ絵本!】
http://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=2535&release_id=718&owner=1

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)