ファミ通文庫「えんため大賞」受賞作3ヶ月連続刊行、第3弾! 優秀賞作『エンデンブルクの花嫁』3/30(水)発売!

国家の命運を賭け、 若き小国の王が選んだ手段は結婚。 しかも人魚とエルフ、 ふたりと同時に! 《優秀賞》受賞の国興しファンタジー登場!!

小国が大国相手に生き残るための手段としてメジャーなのは、 やっぱり婚姻政策ですね。 しかし小国エンデンブルクの若き王スレンはひと味違います。 目的は結婚のその先――持参金!
やっぱり国が栄えるのはお金があってこそ! というわけで、 晴れて娶ったのは人魚の国、 エルフの国のふたりの姫君。 これで無事にエンデンブルクは商業国家に華麗な転身を図れる、 とおもいきや。 もちろんそう簡単にことは運ばず。 二人の姫は犬猿の仲。 そしてスレンとの結婚生活も険悪。 さらには国の運命を揺るがすようなトラブルも発生――!
はたしてスレンの野望は達成されるのか? そして美少女嫁ふたりとの結婚生活の行方は!? 第17回「えんため大賞」にて優秀賞受賞! 『エンデンブルクの花嫁』は3月30日(水)発売!お楽しみに!!

 

エンデンブルクの花嫁
著:水城みなも イラスト:やすも

発売日:2016年3月30日(水)
定価:本体590円+税
発行:株式会社KADOKAWA
レーベル:ファミ通文庫

「するぞ、 結婚!」エンデンブルクの若き国王スレンは宣言した。 人魚が制する海の国。 エルフが治める森の国。 そして強大な帝国。 三国に囲まれた小国が繁栄するには政略結婚による持参金と商業同盟しか手段がなかったのだ。 かくして娶った人魚のヴィアとエルフのエユランは、 両国が誇る美姫だったが、 種族間の確執により仲は最悪! しかも夫となったスレンにも頑なな態度で、 夫婦円満には程遠く――。 美しき花嫁たちと紡ぐエンデンブルク国の物語、 開幕!

■特設サイトにて200P超の大ボリューム試し読み実施中!!
試し読みで期待の新人賞タイトルをその目でチェック!
特設サイトはこちら!
http://fbonline.jp/02sp/02_1604Endenburg/

■ファミ通文庫公式サイト【FB Online】はこちら
http://fbonline.jp/

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)