「RAGE forストリートファイターV」初のトーナメント大会、「RAGEマスターリーグ 玄武杯」の開催が決定 マウスコンピューターが提供するゲーミングPCブランド「G-Tune」の協賛

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、 代表取締役社長:藤田晋、 東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、 代表取締役社長:山内隆裕)は、 株式会社カプコン(本社:大阪市中央区、 代表取締役社長:辻本春弘、 東証一部上場:証券コード9697)の提供する「ストリートファイターV」を種目とした1Dayトーナメント大会「RAGEマスターリーグ 玄武杯」の開催をお知らせします。 本大会は、 株式会社マウスコンピューター(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:小松永門)が提供するゲーミングPCブランド「G-Tune」(ジーチューン)の協賛のもと行います。
「RAGE」とは当社が運営するe-Sports大会(※1)で、 複数のゲームタイトルを採用し年間を通した大会の運営を行っております。 このたび開催が決定した「RAGEマスターリーグ 玄武杯」入賞者は、 今後行われる予定の「RAGE」大型大会への出場権を獲得することができます。 本大会は「四聖獣」(※2)をコンセプトに掲げており、 1回目である今回は「玄武杯」として大会クリエイティブなども玄武をテーマにしております。 今後も、 残る3つの聖獣をそれぞれコンセプトにした大会運営を行う予定です。 また、 「玄武杯」ではスポンサー参加枠としてかずのこ選手が参加します。

▼「RAGEマスターリーグ 玄武杯」開催概要
開催日:2016年5月28日(土)
会場:e-sports SQUARE AKIHABARA
(URL: https://e-sports-square.com/
大会エントリーページ: https://sfv.rage-esports.jp/
申込受付期間:2016年5月10日(火)~2016年5月20日(金)
参加人数:128名 ※申込多数の場合は、 抽選にて参加者を決定
賞金:1位 50,000円/G-TunePC
2位 30,000円
3位 10,000円

当社は本取り組みを通して、 日本におけるe-Sportsの認知拡大を図り、 市場発展に向けたe-Sportsコミュニティの活性化を目指してまいります。

※1 e-Sportsとは「エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)」の略をさし、 ゲームを競技として捉え従来のスポーツのようにプレイおよび観戦をする際の名称です。
※2 四聖獣とは、 中国の神話で天の四方の方角を司る霊獣である「玄武」「青龍」「白虎」「朱雀」をさします。

■ストリートファイターVについて

「ストリートファイター」シリーズは、 1987年に業務用ゲーム機として第1作目を発売後、 1991年発売の『ストリートファイターII』において大ヒットを記録しました。 革新的な対戦システムが話題を呼び、 家庭用ゲームソフトでは全世界でシリーズ累計3,800万本(2016年3月末日時点)の出荷を誇るなど、 対戦格闘ゲームというジャンルを確立し、 登場から29年経た今なお世界中で人気を博しています。 最新作『ストリートファイターV』は、 2010年に販売し出荷本数340万本を達成した『ストリートファイターIV』の続編です。 「ストリートファイター」シリーズ史上初の、 「PlayStation(R)4」ユーザーとPCユーザーが対戦できる「クロスプラットフォーム」プレイの導入を実現しております。
■かずのこ選手について

格闘ゲームシーンで常に第一線で戦い続けてきたプレイヤー。

国内外の大会でゲームタイトルを問わず多くの大会で実績を積み上げ、 2015年には積極的に海外大会へ参加。 ウルトラストリートファイターIVのプレイヤーとして6カ国を転戦し、 その集大成となるカプコンUSAが主催する「Capcom Cup 2015」では、 並み居る強豪を倒して見事世界王者に輝く。

■G-Tuneについて
株式会社マウスコンピューターのゲーミングPCブランドとして2004年に提供開始。 高性能ビデオカードの廃熱や高電力消費に対応した製品が特徴で、 オンラインゲーム運営会社と密接に検証を重ねた「ゲーム推奨パソコン」の展開や、 MMD、 VRやプロゲーマーコラボモデルなど、 ゲームでパソコンを徹底的に楽しむためのハイエンドパソコンブランドとして展開中。

■株式会社CyberZについて
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。 サンフランシスコ、 韓国、 台湾支社をはじめ全世界対応で広告主のマーケティング支援をしております。 当社が提供するスマートフォン広告ソリューションツール「Force Operation X」は、 2011年2月に国内で初めてスマホアプリ向け広告効果計測を実現し、 Facebook社の「Facebook Marketing Partners」や、 Twitter社公式プログラム「Twitter Official Partners for MACT」に認定されております。 また、 メディア事業においてはゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」を運営しており、 2015年からe-Sports大会「RAGE」を日本国内にて運営いたします。

■会社概要
社名:株式会社CyberZ
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ16階
設立:2009年4月1日
代表者:代表取締役社長 山内隆裕
事業内容:スマートフォン広告事業、 スマートフォンメディア事業

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社CyberZ 広報担当:坂口
E-mail: press@cyber-z.co.jp Tel:03-5459-6276

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)