蘇る!伝説の俳優 – 松田優作さん 『ウィルキンソン・ハード 無糖ドライ』新TVCM

アサヒビール株式会社(本社 東京、 社長 平野伸一)は、 『ウィルキンソン・ハード 無糖ドライ』の新発売にあわせて、 新TVCM「全く甘くない9%チューハイ篇」を、 本日6月20日(火)より全国で放映開始します。
本TVCMには、 伝説の俳優と言われる松田優作さんを起用。 松田美由紀さん監修のもと、 最新のVFX※1技術で松田優作さんを再現いたしました。

新TVCM「全く甘くない9%チューハイ篇」は、 松田優作さんが一人、 食事をしながら『ウィルキンソン・ハード 無糖ドライ』を飲むシーンから始まります。 一口飲んだ後に「甘くないと、 全く甘くないは、 全く違う」とつぶやきます。
“男らしいカッコよさ”のあふれる松田優作さんの存在により、 商品特長である、 食事と相性の良い、 全く甘くない“無糖※2ドライの味わい”、 アルコール度数9%の“ハードさ”、 強めの炭酸による“刺激”を訴求します。 そして、 ラストカットは、 「いいじゃない!」と松田さんの言葉で締めくくり商品を印象付けます。
※1:VFXはVisual Effectsの略。 映像技術の1つで、 コンピュータグラフィックにより映像の合成などをする
こと
※2:アサヒビール(株)は、 糖類と甘味料を一切使用しないことを「無糖」と定義しています。
『ウィルキンソン・ハード 無糖ドライ』は、 ベースにジンを使用し、 『ウィルキンソン タンサン』で仕上げた、 炭酸強めで、 “甘くない”、 「無糖」の缶RTD※3です。 レモンやライムなどの果皮をアルコール浸漬し、 その浸漬酒をさらに減圧蒸溜した独自製法のスピリッツ※4を加えることで、 しっかりとした飲みごたえと、 香味バランスのとれた味わいを実現しています。 ネーミングには、 商品特長である「無糖」という言葉を採用し、 「糖質0※5・プリン体0.0※6・甘味料0」を基本スペックとしました。

※3:「Ready to Drink」の略。 購入後、 そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。
※4:ニッカウヰスキー(株)の特許技術により蒸溜した、 フルーツスピリッツを指します。 原料(果皮等)をアルコール浸漬し、 浸漬酒をさらに減圧蒸溜することで、 果実の甘さを残さずに、 柑橘の香りのみを抽出した蒸溜酒。 本商品では、 レモンライムスピリッツとグレープフルーツスピリッツの2種を使用しています。
※5:栄養表示基準による。
※6:100ml当たりプリン体0.05mg未満を「プリン体0.0」と表示しています。

参考:撮影エピソード
今回、 松田優作さんを再現するにあたり、 世界最高峰のVFX技術を持つオーストラリアの映像プロダクションの、 ハリウッド映画等を手がけるトップクリエイターチームにて制作を行いました。 特に、 顔を再現する作業は困難を極め、 1カットのために数十人のスタッフが総力をあげて作り上げました

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)