【新刊】ミシュラン三つ星を十年連続で獲得する日本料理店「かんだ」主人初のレシピ集『神田裕行のおそうざい十二カ月』を刊行!

一流料理人に教わる“ふつうのおそうざい”で、一年中の食卓が豊かに

「得意料理は五品あったら充分です。 失敗してもええ、 まずは三度、 作ってみましょ」――料理じょうずになりたいと願うすべての人に、 名店の主人が伝える家庭料理、 決定版の発売です。

暮しの手帖社(東京都新宿区北新宿1-35-20 社長 阪東宗文 tel:03-5338-6011)は、 日本料理店で最多、 十年連続でミシュラン三つ星を獲得する「かんだ」主人・神田裕行さん初のレシピ集『神田裕行のおそうざい十二カ月』を、 2017年5月下旬に発売いたします。
著者の神田裕行さんは、 1963年徳島生まれ。 大阪で日本料理の修業後、 1986年に渡仏、 日本料理店の料理長を務めました。 1991年に帰国して徳島の「青柳」で勤務した後、 2004年に東京・元麻布に「かんだ」を開店すると、 2007年にミシュランガイドで三つ星を獲得。 以来、 十年連続で三つ星を獲得しています。

雑誌『暮しの手帖』では、 「新・おそうざい十二カ月」を6年にわたって連載。 このたび、 その連載から厳選した内容に、 「毎日食べても飽きないおそうざい作りの秘訣」や、 特別な思い出のこもったレシピ、 料理エッセイを加筆して、 単行本化しました。

神田裕行さん(日本料理店「かんだ」主人) 写真/川村 隆

神田裕行さん(日本料理店「かんだ」主人) 写真/川村 隆

テーマは、 ほんとうにおいしい“ふつうのおそうざい”

日本料理人の神田裕行さんに、 6年にわたって雑誌『暮しの手帖』の誌上で教えていただいたのは、 毎日の献立に役立つ“ふつうのおそうざい”です。 料理じょうずになりたいという人に、 まず覚えてほしいのは、 誰もが味を想像できて、 食べるとほっとするような“おそうざい”だからです。

 

茶碗蒸し:料理初心者にも手順がわかりやすいよう、
大きなプロセス写真を掲載しています。

茶碗蒸し:料理初心者にも手順がわかりやすいよう、 大きなプロセス写真を掲載しています。
春菊と椎茸のおひたし/秋鮭のみそ漬け焼き

春菊と椎茸のおひたし/秋鮭のみそ漬け焼き
ひじきの煮もの:ふつうのメニューを、
きちんとおいしく作る秘訣があります。

ひじきの煮もの:ふつうのメニューを、 きちんとおいしく作る秘訣があります。

一流料理人に教わる料理の3つの特色

1 少ない材料で作りやすい
おそうざいは毎日食卓にのぼるものだから、 作りやすいことが何より大切。 家にある基本の調味料と3つ程の主材料で作るレシピ。 素材のうま味も引き立ちます。

2 適度なうま味だから、 飽きがこない
今、 世間でもてはやされている料理は、 うま味が過剰で、 3口目には飽きてしまうもの。 神田裕行さんが教えるおそうざいは、 「適度なうま味」で、 何度食べても飽きない味に仕上がります。 「この味で、 まっさらな子どもの舌を育てたい」という家庭料理です。

3 できたても翌日もおいしい
和食は洋食や中華に比べて、 油をあまり使わないので、 作った翌日にもおいしくいただけるものばかり。 ダシのうま味がしみておいしくなるものもあります。 できたての料理ばかりで献立を作らなくても、 くり返し食卓に上げ、 味わいの変化を楽しめます。

得意料理は五品で充分、 三度作ってわが家の味に

「ふつうの料理をしっかりと自分のものにする。 それが料理じょうずへの近道です。 あれもこれもとレシピを増やさずとも、 まずは自信を持って作れる料理を五品持つことから始めましょう。 ほんとうにおいしいおそうざいが作れたなら、 それをくり返すだけで、 そんなに飽きることはありません。 ――神田裕行」

これから「わが家の味」を作っていく若い人にも、 あらためて料理を学び直したい人にも、 伝えたい家庭料理の新決定版です。

商品情報
5月下旬発売 A5判(210mm×148mm 束16mm) 右開き 上製 全ページカラー 本文180頁 本体:2200円(税別) 定価:2376円(税込) ISBN: 978-4-7660-0203-4 C2077 著者:神田裕行

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)