八代目 中村芝翫監修「焼肉コース 成駒」販売開始 焼肉の名門 天壇 銀座店にて12月1日(木)より~歌舞伎と京都焼肉のコラボレーション~

歌舞伎の大名跡を襲名した『八代目 中村芝翫』が、 創業半世紀以上・京都発祥のお出汁で食べる焼肉『焼肉の名門 天壇』とコラボレーションした焼肉コース「成駒(なりこま)」を2016年12月1日(木)より販売開始致します。
【販売店舗】焼肉の名門 天壇 銀座店
【販売期間】2016年12月1日(木)~2017年12月31日(日)
【販売料金】15,000円(税込)
※期間限定・前日までのご予約で承ります。

「焼肉の名門 天壇」(運営:株式会社 晃商、 代表取締役社長 新井義淳)では、 1965年1月創業以来、 京都ならではの「お出汁で食べる焼肉」の原点として皆様にご愛顧いただいております。

歌舞伎界の慶事として話題の八代目中村芝翫丈と親子4人での同時襲名。 この大名跡襲名を記念し、 中村芝翫監修の焼肉コースを焼肉の名門 天壇 銀座店にてご用意することとなりましたのでお知らせ申し上げます。 全国で襲名披露公演が続く2017年12月末までの期間限定の販売です。

コース誕生のきっかけ

八代目 中村芝翫

創業地・ 天壇 祗園本店は南座より徒歩1分銀座店は歌舞伎座前 という立地であることから、 歌舞伎関係者の方々、 中村芝翫丈には日頃よりご縁を頂いております。
ある日お食事に来られた芝翫丈(当時 三代目 中村橋之助丈)よりコラボレーションのお話をご提案頂きまして、 日頃からお世話になっている歌舞伎界を盛り上げる一助となれたらと思い開発を進めてまいりました。

 

■「焼肉コース 成駒」の特徴
色とりどりの 前菜 幕の内弁当をイメージした一皿 などに加え、 八代目 中村芝翫丈の嗜好を取り入れた華やかなコースに仕立てました。 女性の方はもちろん、 お肉をよく召し上がる歌舞伎役者も満足する多種多様な焼肉コースです。
芝翫丈は天壇が開発した「ミルフィーユロース」がお好きなことから、 初の親子4人の同時襲名ということで今後も手を携えて歌舞伎界を担って行かれますように、 という応援の意を込め 『4種類の部位のミルフィーユ仕立て』をメイン焼肉にご用意いたします。 また、 大好物とおっしゃる「鯛焼き」をアレンジしたデザートをご用意しております。 前日までの要予約で承ります。

ミルフィーユロースとは

ミルフィーユロース

当店ではロースといえば「サーロイン」と「リブロイン」のみを使用。
ミルフィーユロースはそのロースの中心部分「ロース芯」をさらに薄切りし、 三枚重ねあわせたまま焼いて頂く逸品です。
天壇秘伝のタレが中まで浸み込み、 これまで食べたことのない食感とロースの旨みが混然一体となる新世代の焼肉。
多くのメディアで取り上げて頂いております。

■メニュー詳細
八代目 中村芝翫監修  「焼肉コース 成駒」
販売価格:15,000円(税込)
販売店舗:焼肉の名門 天壇 銀座店(東京)
販売期間:2016年12月1日(木)~2017年12月31日(日) 期間限定にて販売。 要予約。

焼肉コース 成駒

前菜
【キムチ四種・ナムル盛合せ・牛肉のレアステーキ・京生湯葉の春巻・チャンジャ・本日の炊野菜】
牛肉の逸品 【レアステーキユッケ】
焼肉(塩焼) 【厚切タン・シャトーブリアン】
焼肉(タレ) 【四種のミルフィーユ】
食事~幕の内仕立~ 【炙り牛寿司・ピビンパの押寿司・牛ヒレカツ・梅干しキムチ】
椀物 自家製テールスープ
甘味

焼肉の名門 天壇 銀座店
銀座店は天壇 関東一号店として2009年にOPENしました。 三原橋の交差点にあるビルの10階。
向いには歌舞伎座、 モダン雅を体現した店内カウンターからは銀座4丁目が見渡せます

住所 東京都中央区銀座5-13-19
デュープレックス銀座タワー5/13 10F
電話番号 075-551-4129(代)
営業時間 ランチ 11:30~15:00(LO 14:30)
ディナー 17:30~23:30(LO 23:00)
定休日   なし
アクセス 東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」
徒歩1分

■参考資料:「焼肉の名門 天壇」について
創業 1965年 1月 (創業52年目)
【URL】 http://www.tendan.co.jp/
特徴 創業地は京都 祇園。 「焼肉」という食文化を広めることを使命とした創業当初でしたが、 焼肉が日本の国民食の1つとなる一翼を担ってまいりました。 京都は1 人あたりの 牛肉消費量が日本一になる年もあるほど実は牛肉を食べなれている人が多い街。 食肉文化の発展しているそんな京都で、 天壇は長らく一番店舗数の多い地元の焼肉レストランとしてご愛顧頂いて参りました。 その秘密は上質な牛肉と秘伝のタレ。

天壇のお出汁で食べる焼肉

天壇の「つけタレ」は、 牛骨スープをベースとした黄金色に透き通ったお出汁のような味わい。 さっぱりしていてコクがあり、 肉の旨みを引き立たせてくれます。
京都では「洗いダレ」と呼ばれるタレを提供する焼肉店が多いですが、 その焼肉スタイルの原点として、 創業以来変わらぬ味をご提供し続けいています。

店舗一覧
1)「焼肉の名門 天壇」 6店舗
京都 祇園本店、 京都 桂五条店、 京都 The Dining山科店
滋賀 草津店 、 東京 銀座店、   東京 赤坂店
2)「焼肉 TENDAN ニュースタイルビュッフェ」 4店舗
京都 竹田店、 京都 西院店、 京都 宇治小倉店、 滋賀 三雲店

■運営会社株式会社 晃商
本社所在地   京都市中京区丸太町18
代表取締役社長 新井 義淳
資本金3,000万円

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)