日常にはない美味を求める大人のために 京フレンチ「祇園びとら、」2016年12月1日(木) 京都・祇園にオープン

海外挙式や国内挙式、 ウエディングドレスなど、 上質な結婚式を総合プロデュースするブライダル企業のTAKAMI BRIDAL(高見株式会社本社:京都市下京区、 代表取締役高見重光)は2016年12月1日(木)、 京都・祇園に京フレンチ「祇園びとら、 」をオープンいたします。

 

「祇園びとら、 」ではこだわりの地元厳選食材や世界中の旬の食材を使い、 素材を生かした四季折々の料理をフレンチの技法と独自の世界観で表現。 特に、 キャヴィアをおひとり様1缶味わっていただける「キャヴィア八寸~イタリア産最高級フレッシュキャヴィアに、 こだわりの京野菜と旬食材を添えた至福のマリアージュ~ 」は一度はお召し上がりいただきたい逸品です。 さらには、 コース料理の一皿ごとに合わせてソムリエが吟味したワインとの素晴らしいマリアージュをお楽しみいただける、 ワインペアリングもご用意しております。

食通が集う大人の町・祇園の隠れ家で、 フランスのエスプリと京都の情趣が融合したワンランク上の京フレンチをカウンターならではのライブ感とともにご提供いたします。 訪れるたびに新たな発見と味わいに出逢える「祇園びとら、 」を、 大切な人と心ゆくまでご堪能ください。

 
《Information》
「祇園びとら、 」

2016年12月1日(木)オープン
住所:〒605-0085 京都市東山区祇園末吉町82番地の7
TEL:075-532-0701 FAX:075-532-0705
営業時間:17:30~
※11月1日(火)よりHP及びOpen Tableにて予約受付を開始。
60日前から予約可能・当日のweb予約は不可
電話でのご予約は14:00~17:00とさせていただきます。
定休日:日曜・祝日
席数:16席(カウンター10席、個室1室6席)
Email:kyoto@vitra.jp
HP:www.vitra.jp
Instagram/Facebook/twitter:11月1日(火)オープン予定

ーConcept ー
日常にはない美味を求める大人のために、 料理長自らが仕入れる厳選された旬の食材。
鮮やかな色使いと、 美しい盛りつけ。
芸術作品とも呼ばれるような和洋食器の数々。
カウンターならではのライブ感のあるおもてなし。
そして、 全てを包み込む非日常的な美空間。
目の前のお客様の心も含めて料理をデザインする“祇園びとら、 ”の五つの基本です。
京都・祇園の町家で味わう、 京フレンチ。
美味がもたらす極上の空間で遊び心が集うひとときをおくつろぎください。

ーStory ー
古来より大地で力強く育ち、 地の覇者として象徴されている虎。
大地で力強く育ってきた大地の恵みである厳選「食材」を虎とし、 より美しく料理として表現する。
ご来店されたお客様にこの上なく幸福な気持ちになっていただきたいという強い想いから「美虎(びとら、 )」と名付けました。

ーお料理ー
市場はもちろん契約農家の畑や農園、 ときには地方に料理長自らが出向いて最上級の食材を仕入れ、 美しく繊細なお料理をご提供。
自家製のキャヴィア、 カラスミをはじめ、 宮崎県の幻の牛・尾崎牛を使った料理などその日にしか味わえないおまかせコースでおもてなしいたします。
(一万二千円コース、 一万六千円コースいずれもサ込、 税・お席料別)

ーお飲物ー
ソムリエが厳選した、 フランスブルゴーニュ地方を中心としたワインを常時200本以上取り揃えております。
ワインデギュスタシオンにて、 普段飲めないようなヴィンテージワインとのペアリングも愉しめます。
その他、 日本酒・焼酎も各種ご用意。

▶料理長 谷口晶紀(Akinori Taniguchi)
1992年に料理の世界へ飛び込み、 徹底的に食材の知識から育て方までを教えられる。
海外の修行でも様々な料理を経験し、 フレンチを中心に独創的な料理スタイルを築く。
特に京野菜に対する想いは人一倍で、 自ら農園に出向き栽培するほど。
和と仏がコラボレーションする「祇園びとら、 」の料理は野菜をはじめとした食材が命。

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)