時をめぐり、文化を旅する、まちの祭典 『やっとかめ文化祭2016』 を開催!~期間中(2016年10月29日~11月20日)に、まちじゅうで150のプログラム~

名古屋のまちじゅうを会場にして、 歴史の中で育まれてきた文化や物語に出会う、 やっとかめ文化祭。
全国初となる狂言のストリートライブ「辻狂言」、 都心の真ん中にモダンな茶室が出現する「街茶」、 有名料亭での「お座敷ライブ」、 まちなかで歴史やカルチャーを体験する「寺子屋」「まち歩き」など、 約150のプログラム が目白押し。
今年も、 まちじゅうを「旅」の舞台へと変えて、 「芸どころ・旅どころ・なごや」の祭典が始まります!
※「やっとかめ」とは、 名古屋弁で「おひさしぶり」という意味です。

期間 :2016年10月29日(土)~11月20日(日)
会場 :名古屋市内一円
主催 :やっとかめ文化祭実行委員会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 見 ど こ ろ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●日本のストリートカルチャー! 笑いの神が、 まちに舞い降りる。
「芸どころまちなか披露」 では、 狂言、 歌舞伎、 万歳、 三味線音楽、 木遣り音頭、 話芸など、 名古屋のまちを賑わしてきた芸能の数々が、 街角へ帰ります。 現代のストリートから、 都市の文化を見つめる名古屋発のプロジェクト。

名古屋は狂言のまち。
名古屋は和泉流狂言の発祥地。 狂言のストリートライブ 「辻狂言」 では、 まちのあちこちに温かな笑い声を届けます。
・辻狂言  全9公演

 

異形のヒーローが、 現代のストリートに。
「逆説の日本史」で知られる作家・井沢元彦氏の企画・原案によって、 現代のストリートに景清がよみがえる。
・ストリート歌舞伎「悪七兵衛景清」  全4公演

●いつもの街から、 世界を眺めてみる。 多様で、 奥が深い「まちの学校」。
まちを教科書に、 ゆかりの場所を学校に、 まちに眠る物語に出会う「ナゴヤ学」を開講します。
歴史ある寺社や、 東山動物園、 まちの飲食店など、 多彩な会場で講座や体験プログラム等を開催します。

ナゴヤ面影座  ~面影をつなぐ、 現代の「座」~
ナゴヤの面影、 にほんの面影。 地上の面影を再生し、 共震し、 方法を未来へとつなぐ、 現代の「座」を建立します。 第一回は、 海と山のあいだを疾走し、 旅に生きた円空の物語。
日時:10/30(日)14:30~17:30
場所:荒子観音寺(名古屋市中川区荒子宮窓138)
出演:編集工学研究所所長 松岡正剛、 歌人 岡井隆

まちなか寺子屋
期間:10/29(土)~11/20(日) 全29講座
料金:500~3,500円

○大須ダイバー ~名古屋のへそ、 大須のモノがたり~ (明治大学野生の科学研究所所長 中沢新一)
○はじめましての古墳さんぽ (古墳にコーフン協会名古屋支部支部長 小里誠)
○ブルースで読む金子光晴 (小説家 広小路尚祈)
○小さな地名を巡る旅  (筑波大学名誉教授 谷川彰英)
○悲喜こもごも名古屋の動物園物語 (佐々木シュウジ、 東山動植物園長 黒邉雅実)
○はじまりの東松照明 (あいちトリエンナーレ2016芸術監督 港千尋)

●今年もやります!『しゃちほこチャレンジプロジェクト2.』

昨年大好評だった「しゃちほこチャレンジプロジェクト」。
一般公募の女性約50人が、 名古屋の名物芸「金のしゃちほこの踊り」を体験・発表する前代未聞のプロジェクトです。
昨年は、 残念ながら雨により会場が変更となりましたが、 「今年こそ、 名古屋城で!」と意気込み、 練習に励みます。
芸妓さんの美しいしゃちほこを見たい方は、 ぜひ「お座敷ライブ」へどうぞ。

○しゃちほこチャレンジプロジェクト2.
(発表)11/12(土)11:30~ 名古屋城二の丸広場

○お座敷ライブ 全6公演
演目:お座敷遊び、 能一管、 狂言、 講談
料亭:つたも、 か茂免、 香楽、 川由、 志ら玉、 可ん寅
料金:8,000円~13,000円 (特別価格)

●街の面白さに出会う、 おかしな都市の「旅」へ。

いま、 自分の住む地域の魅力を見直す「まち歩き」や「観光まちづくり」が注目されています。 なごや好きガイドさんと歩く、 愛があふれる47コース。 知られざるお宝や珍スポット、 住民ならではの心温まるエピソードもお楽しみに!

まち歩きなごや 全47コース
期間:10/29(土)~11/20(日) 期間中毎日開催。
料金:500~1,000円

(主なコース)
○じっくり熱田神宮だけコース ~熱田神宮にまつわる楊貴妃の謎~
○名古屋最後の溜り醤油蔵元「帝国醸造」で出会う本物の味
○狂言方・野村又三郎とまいろうぞ、 目指せマウンテン登頂
○幻のコンクリ仏師・浅野祥雲作品を巡る
○はじめての渋ビル散歩 ~日常に潜むビルの魅力を知る~
○名古屋凸凹さんぽ ~台地を横断?!南大須の地形を巡る~

尾張の和菓子ものがたり
旅のお供には、 お茶処なごやの「和菓子」を。 まち歩きで疲れた体に、 優しい甘さが沁みます。
料理評論家・落語評論家の山本益博さんと、 名古屋の和菓子にまつわる物語を紡ぎます。

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)