【ザ・リッツ・カールトン京都】パティスリー界のピカソ、ピエール・エルメのショコラデザートを心ゆくまでご堪能いただける『バー・ショコラ』をオープン~ 10月17日から12月18日までの期間限定~

ザ・リッツ・カールトン京都は、 2016年10月17日(月)から12月18日(日)の期間限定で、 “パティスリー界のピカソ”と称されるピエール・エルメのショコラデザートを心ゆくまでご堪能いただける『バー・ショコラ』を午後2時から5時まで、 ホテル内「ザ・バー」にオープンいたします。

 

ショコラはピエール・エルメが大好きな素材のひとつで、 独特の輝きやまろやかさ、 香りが特徴です。 口の中でソフトにとろける上質なショコラデザートを堪能いただける数々のメニューをご用意しており、 通常は午後5時より営業しているザ・バーのスタイリッシュな雰囲気の中でお楽しみいただける特別な機会となっております。

【名称】                バー・ショコラ

【期間】                2016年10月17日(月)~ 12 月 18 日(日)

【時間】                午後2時~5時(ラストオーダー:午後4時30分)

【場所】               ザ・リッツ・カールトン京都 内 「ザ・バー」

【内容】                以下のメニューをご参照ください

※ ザ・バーのご予約は受け付けておりませんので予めご了承ください。

【ご提供メニュー】

【サンサシオン プレジール シュクレ】¥2,441(税・サービス料込み)
球体型のチョコレートにお客様の目の前で温かいソースをかけて完成する、 まさに“チョコレート尽くし”のデザートです。 ヘーゼルナッツの香りがミルクチョコレートの味わいをより一層引き立て絶妙な味のバランスを生んでいます。
球体型のミルクチョコレート、 ヘーゼルナッツ風味ダコワーズ、
アンフィニマンプラリネノワゼットのアイス、 カラメリゼしたヘーゼルナッツ、 ホットミルクチョコレートソース

【イニシヤシヨン クロエ】¥2,197(税・サービス料込み)
口あたり滑らかなクリームやソルベ、 サクサクとした食感のサブレやチョコレートなど、 異なるテクスチャーが、 マンジャリチョコレートとフランボワーズの相性の良さを引き立て、 味覚と食感と温度変化へのイニシエーションをお楽しみいただける一品です。
マンジャリミルクチョコレートのソルベ、 ソルベフランボワーズ、
フランボワーズ風味マンジャリチョコレートムース、 サブレアンフィニマンショコラ、 チョコレート風味ビスキュイムース、 フルール・ド・セル入りマンジャリチョコレート片、 フレッシュフランボワーズ、 クリスピーフランボワーズ、 マンジャリチョコレートソース

【ミルフィユ ミニュット アステク】¥2,197(税・サービス料込み)
ご注文をいただいてから仕上げますので、 ピエール・エルメ・パリ自慢のサクサクと香ばしいパイを味わうことができます。 カライブのチョコレートクリームとバルサミコ酢を煮詰めたオレンジのコンポートを組み合わせた、 バー・ショコラでしか味わえない出来立てのミルフィユです。
カラメリゼしたパイ、 カライブチョコレート風味マスカルポーネクリーム、 オレンジのコンポートバルサミコ酢風味、 フルールドセル入りビターチョコレート片

【クープ グラッセ プレニチュード】¥1,953(税・サービス料込み)
ダークチョコレートとカラメルを合わせた濃厚な秋冬にふさわしい組み合わせです。 いつまでも飽きることのない「プレニチュード(充実感)」をお楽しみください。
アンフィニマンカラメルのアイス、 アンフィニマンショコラのアイス、 チョコレート風味のマカロン生地、 カラメル片、 ビターチョコレートのシャンティクリーム、 フルールドセル入りビターチョコレート片、 塩カラメルソース

ザ・リッツ・カールトン京都について:
京都の北から南へ流れる鴨川のほとり、 東山三十六峰を一望できる最高のロケーションに建つ「ザ・リッツ・カールトン京都」は、 祇園や河原町、 先斗町など繁華街に近く、 観光やビジネスにも便利なアーバンリゾートです。 日本の伝統と現代的な欧米様式の融合を図りながら、 歴史ある周辺環境にも調和する外観デザイン。 京都の伝統・文化のエッセンスが散りばめられたラグジュアリーな空間で、 ここでしか味わえない上質な時間を提供します。 「ザ・リッツ・カールトン京都」の総客室数は134室。 客室平均面積は50m2 と京都市内最高水準の広さを誇り、 レストランやバー、 宴会場、 スパをご用意しています。

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)