生産者と料理人の化学反応を起こして、地元三重の食材を全国へ届けたい!クラウドファンディングによる資金調達がスタート 第一次生産者と料理人が協力し合い、食の未来を変えるプロジェクトが始動

三重県出身、 東京・西麻布の割烹伊勢すえよし店主の料理人が地元の食材を全国へ広めるための新商品開発・販売経費の資金調達をクラウドファンディングでスタートさせる。

  • 未来の地方生産地を活性化させたい

過疎化の進む尾鷲市の漁港にて(左 田中 右 漁師山下氏)

今、 地方の農地・生産地が消滅しつつある。 若者が去り、 耕地は放棄され、 かつては地域の大黒柱であったはずの生産現場が衰退していっている。
この現状が生まれてしまった原因の一つとして生産者(一次産業)の魅力が伝わっていない、 過小評価されているという問題がある。 三重県出身の料理人 田中佑樹(割烹 伊勢すえよし店主http://isesueyoshi.blog.fc2.com/ )はその問題を“料理人”の立場から変えたいと話す。

  • 生産者×料理人の化学反応を起こす

地域の食材を生み出す『第一次生産者』と素材の良さを最大限に引き出す『料理人』が出会うことにより、 美味しい化学反応が起こすことができる 、 と田中は考える。

伊勢すえよしでは「心の流通 BOOK」という冊子を作り、 店で使う食材を作った生産者のメッセージを紹介している。 これも美味しい化学反応のひとつだ。 なぜ美味しいのか、 食材のストーリーを知ることで、 食べる人が感じる美味しさの深みが増す。

また、 普段は食べた人の感想を聞く事の出来ない生産者へ、 感想を届ける事が出来るのも料理人の特権である。 料理人が、 日本の良い食材を美味しく伝えるフィルターの役割を果たし、 消費者の声を生産の現場に返す事が、 日本の生産の現場を元気にすると思い、 今回の「地元食材を使った伊勢すえよしのオンラインショップの立ち上げ」というプロジェクトに踏み切った。
今までは東京にある伊勢すえよしへ来店した人のみが知り得た食材のストーリーを、 伊勢すえよしに来たことのない全国の人へ届けられる。 今まで一方方向だった食品の流通にはストーリーが上乗せされ、 食べた感想やメッセージは田中の手によって確実に第一次生産者まで届けられる。 一方方向だった食品の流通が双方向に広がってゆくようなイメージだ。

  • なぜクラウドファンディングなのか

今回開発予定のフォンダンかぶせ茶

今回のクラウドファンディングは、 地元食材を使った新商品の開発(第一弾は伊勢かぶせ茶、 伊賀米、 伊勢の魚介、 四日市の味噌、 熊野地鶏を使用予定)やインターネット販売に掛かる経費に掛かる117万円の経費のうち、 30万円をクラウドファンディングで資金調達する事を目標としている。 だがそれよりも大きな真の目的がある。
田中は、 このプロジェクトの存在が日本全国で絶滅しかけている美味しくて貴重な食材に目を向ける料理人が増えるきっかけになれば 、 と語った。 「自身の地元は三重県だからまずは三重県の食材に目を向けた。 そうしたら目を向けるまで知らなかった ものすごい美味しい食材に出逢った。 しかしすでに消費量や生産者が減り途絶えてしまった食材もある。 全国の料理人が、 全国の途絶えつつある絶品の食材に目を向けたら、 そういった食材の絶滅は食い止められるかもしれない。 まずはこの活動を知って欲しい。 そのためにクラウドファンディングという、 不特定多数の人々の目に触れる方法を選んだ。 」

プロジェクトは9月1日からスタート。
現在はFacebookグループやツイッターから最新情報を発信中である。
生産者と料理人の化学反応!三重の食材を全国の人に食べてほしい!! https://www.facebook.com/groups/1075164959242081/
twitterアカウント@isesueyoshi

伊勢志摩サミットで脚光を浴びアフターサミットの活動に注目が集まっている中、 三重県の食材からどんな絶品料理が生まれるのか、 是非注目してほしいプロジェクトの一つだ。

〈プロジェクト概要〉
三重県の食材を使った商品の開発費・販売経費の調達を試みています。
・プラットフォーム:FAAVO三重  https://faavo.jp/mie/project/1522  (9/1よりページ公開)
・タイトル:生産者と料理人の化学反応!三重の食材を全国の人に食べてほしい!プロジェクト
・期間:2016年9月1日~10月15日
・企画者:割烹 伊勢すえよし
・調達目標額:30万円
・企画書  http://prtimes.jp/a/?f=d18607-20160812-8204.pdf

〈企画者 田中佑樹プロフィール〉

1988年三重県四日市市出身。 東京・西麻布にある三重の応援店舗「割烹 伊勢 すえよし」の店主。
料理人の父親の元 幼少期から料理の手ほどきを受ける。 高校までを四日市で過ごし、 その後上京。 調理師専門学校を卒業した後、 赤坂の料亭 菊乃井で修業を積み、 その 後世界を旅しながら各国の食文化について学ぶ。 「その土地に根付いた食材でその土地の食文化が作られる」ということを強く感じ、 帰国後に自身の故郷である 三重県をコンセプトにした割烹店「伊勢 すえよし」をオープン。 2016年には東京のBEST CHEF50に選ばれる。
「心の流通」を掲げ、 生産者の作る食材だけでなく想いまでお客様に届けることをモットーにお料理を提供している。
今後は料理人が地域を元気にする取り組みとして、 全国の料理人と協力して全国の食材とコラボレーションさせたり、 各国のJAPANEXPOへの和食和食材PRなども積極的におこなっていく予定。

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (1)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)