バターを使わなくてもこんなに美味しい、しかも簡単。『バターなしでおいしい パイとタルト』好評につき重版4刷決定!

2014年11月刊行の『バターなしでおいしい パイとタルト』(誠文堂新光社刊)ですが、 好評につき重版が決定しました!

今すぐたべたい!と思ったときにすぐ作れる、 折り込みなし、 休ませ時間なしで毎日つくりたくなるパイとタルトのレシピ集。 バターを使っていないので、 品薄の需要に応える一冊です。

扱いが難しいバターの代わりに植物油を使った生地は、 折り込みも休ませ時間も一切不要。 驚くほど簡単で、 スピーディに仕上がります。 その分、 フィリングの準備に余裕をもって取り組めますし、 濃厚なフィリングを詰めても重さやしつこさを感じることなく、 すっと食べ切ることができるのも魅力です。 また、 バターを扱うときのように気温の変化を気にしなくていいので、 一年を通して安定した状態で作れます。
この本で紹介する4種類の生地は、 どれも似たような配合で、 作り方も共通ですが、 味や食感、 厚み、 それぞれに特徴があり、 使い分けるとバリエーションが広がって、 パイやタルトを作るのがどんどん楽しくなると思います。

■ベーシックオイル生地
シンプルなパイ生地。 薄く、 さっくりとした軽い食感でフィリングの味を引き立たせ、 オールマイティーに使いやすい。
アップルパイ/チェリーパイ/タルト・モンブラン/アップルシュトルーデルなど

チェリーパイ

 

■水切りヨーグルト生地
水切りヨーグルトを使ったヘルシーな生地。 パイとクッキーの中間のような、 ざくっ、 ほろっとした食べ応えのある食感です。 やわらかすぎず扱いやすい生地なので、 成形のアレンジを楽しみたいものに向きます。
ガレット・デ・ロワ/パンプキンパイ/フローズンベリーパイ/ルゲラーなど

オートミールレーズンパイ

 

■ビスケット生地
ほんのり甘く、 ビスケットのような食感の生地。 ほどよい甘さとアーモンドパウダーの香ばしさも加わり、 サクサクと口当たりがよく、 生地だけを食べてもおいしいです。
桃のタルト・メルバ風/タルト・オペラ/フォンダン・ショコラ タルトレットなど

タルト・オペラ

 

■スコーン生地
ボリューム感があり、 ざっくりと、 口の中でホロホロとくずれるような食感。 しっかり膨らむので、 生地に厚みを持たせる、 はさむ、 包み込む、 といった成形に向いています。
ミルフィーユ・スコーン/ダッコワーズタルト/ガトー・バスクなど

あずきとアプリコットのパイ包み

【著者プロフィール】
吉川文子(よしかわ・ふみこ)
お菓子研究家。 洋菓子教室「Kouglof」主宰。 1999年「きょうの料理大賞」にてお菓子部門賞受賞。 藤野真紀子氏、 近藤冬子氏らに師事。 フランス伝統菓子をベースに新たなエッセンスを加えながら、 手軽に作れておいしいレシピを研究。 近著に『バターを使わないパウンドケーキ』(マイナビ出版)。

【書籍概要】
書 名:『バターなしでおいしい パイとタルト』
著 者:吉川文子
仕 様:B5変形判、 96ページ
定 価:1,300円+税
ISBN:978-4-416-71453-9

【書籍のご購入はこちら】
紀伊国屋書店: http://bit.ly/1OcAH3y
楽天ブックス: http://bit.ly/1m5VMX0
ヨドバシ.com: http://bit.ly/1Iywhrl
Amazon: http://amzn.to/1TQiU70

【関連書籍】
バターなしでおいしい ケーキとマフィン

著 者:吉川文子
仕 様:B5変形判、 96ページ
定 価:1,300円+税
ISBN:978-4-416-71526-0

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック: https://www.facebook.com/seibundoshinkosha
ツイッター: https://twitter.com/seibundo_hanbai

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)