「こども保険」について子育てママと保育士の意見を聞いてみた。

1時間1000円~24時間 即日も予約手配もできるベビーシッターサービス「キッズライン」を運営する、 株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長:経沢香保子)と保育士・幼稚園教諭の人材紹介サービス「保育のお仕事」を運営する、 株式会社ウェルクス(本社:東京都墨田区/代表取締役:三谷卓也)2社での共同調査を実施。 現在出生率は1.44と人口維持に必要な出生率2.07と開きは未だ大きい。 止まらない少子化へ危機感を覚え、 現在少子化対策の一案として検討されている「こども保険」について育児の現場にいる子育てママと保育士へのアンケートを実施した。

【調査サマリ】 ※調査レポートより一部抜粋

1.  こども保険の認知度は半数以下の46%
2.手当てが支給された場合の使い道TOP3は「こどもの貯金」「保育料」「幼児教育費」
3. もう一人子どもを産むとすると、 必要なのは「周囲のサポート」だった

【調査概要】
株式会社ウェルクス( https://welks.co.jp/ )との共同調査
・調査期間:2017年5月16日~5月21日
・調査対象:全国の子育て中の女性、 保育士(159名)
・調査方法:インターネット調査

※調査レポートはこちらからも閲覧可能です。
https://kidsline.me/magazine/article/96

※こども保険とは?
少子化対策の1つとして小泉進次郎氏らによって進められている制度案。
社会保険料率に、 0.1%上乗せすることで、 3400億円の財源を確保し、 子ども一人当たり月5千円の児童手当の支給や保育所等の受け皿拡大などに利用される予定だ。 保険料率を0.5%まで拡大することにより、 児童手当を子ども1人あたり月2.5万円上乗せし、 幼児教育・保育の実質無償化する等も検討されている。

|調査トピックス別考察|

■こども保険の認知度は半数以下の46%

「詳細を知っていた(9%)」「元々名前だけ知っていた(37%)」人は合わせて46%と、 認知度は半数以下 という結果となった。

■手当てが支給された場合の使い道TOP3は「こどもの貯金」「保育料」「幼児教育費」
こども保険について説明を行った上で以下のような質問を実施した

 

第1位「こどもの貯金(34%)」第2位「保育料(19%)」という結果になった。 中でも注目なのは、 第3位の「習い事などの幼児教育費(17%)」 だ。 中には現在自分のお小遣いを削ってでも習い事に行かせている、 という声も聞かれた。 習い事となると、 送迎や付き添いも発生し子育てママには負担が大きいはずだが、 それでも子どもの為に習い事をさせたい、 そんな子育てママは多くいるようだ。
■もう一人子どもを産むとすると、 必要なのは「周囲のサポート」だった

最も多く選択されたのは「金銭的な補助(65%)」。 続けて「勤務先のサポート(64%)」という結果となった。 働き続けたいと思っているものの、 なかなか折り合いがつかない、 などの声も多く上がり、 育児休暇制度や時短勤務制度の導入などの広がりを望む声は大きい。 「勤務先のサポート(64%)」に加え、 3番目には「家族のサポート(33%)」、 5番目には「地域や周りのサポート(32%)」という結果になった。 つまり「金銭的な補助」だけではなく、 様々な「周囲の育児サポート」があることによってもう一人子どもを産もうと考えるきっかけ となることが判明した。
■こども保険の財源を幅広い育児サポートへ

少子化対策に必要なのは「金銭的な補助」に加え「周囲の育児サポート」が必要 であることがわかった。 現在はこども保険の財源は、 子ども一人一人への手当てや保育所等の受け皿拡大の実施などが検討されているが、 それだけでなく 今後はベビーシッターや小規模託児スペースなどの、 幅広い育児サポートへの財源の適用が検討されることを望む。

■キッズラインでは先着50組限定《2人目育児応援キャンペーン》を実施中!■

現在キッズラインでは少子化問題に少しでも貢献するために、 先着50組限定で初回利用無料《2人目育児応援キャンペーン》を実施中 です。 お一人お一人のニーズに合わせ、 産前産後のケアや兄弟2人お預けなどのご依頼もお受けすることができます。 また育児サポートだけでなく、 子育てママの関心が強い習い事としての利用も可能。 送迎や付き添いをすることなく“自宅にいながら習い事”ができるのも一つの魅力です。 「英語ネイティブシッター」「モンテッソーリ教育シッター」「ピアノ歴15年シッター」など様々な特技を持つベビーシッターが全国で約850名活動中です!

▼初回利用無料!2人目育児応援キャンペーン詳細はこちらから
https://kidsline.me/magazine/article/96
※対象:キッズラインを初めて利用される方で、 2人目のお子様を妊娠中の方またお子様が2人以上いる方

■今回のアンケート結果は「ウェルクス 保育のお仕事レポート」でもご覧いただけます。
http://www.hoiku-shigoto.com/report/news/kids-insurance/

<報道関係者の皆様へ、 取材のお願い>
私たちキッズラインは「日本にベビーシッター文化」を掲げ、 「すべての女性が母になっても自分らしく輝ける社会の実現」を目指し活動しています。 特に待機児童問題の解決は急務と考え、 ベビーシッター保育による「キッズライン保育園」の開設や女性の社会進出を加速させるお手伝いがしたいと考えております。 一人でも多く困っているご家庭に、 ベビーシッターという選択肢を知っていただけるように、 ぜひ本件の取材にご協力頂ければと思います。

■ KIDSLINE(キッズライン)とは  https://kidsline.me/
「キッズライン」は1時間1,000 円~即日手配も可能なオンラインベビーシッターマッチングサービス(iOSアプリでも利用可能)です。 現在700名ほどの保育士や幼稚園教諭、 東大生などの、 弊社で面接および研修に合格したベビーシッターが登録しています。 利用者は、 事前に全サポーターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価、 Facebookで繋がる友人の利用サポーターを見ることが出来、 安心して24時間オンラインで手配する事が可能なためユーザー数が増加、 リピート率も約80%となっています。 数多くのマスコミなどにも取り上げられ、 最近では自治体や法人にも導入され、 小池塾の託児運営も任されるなど利用の裾野を広げています。

■ 会社概要
株式会社キッズライン
代表者:経沢 香保子
事業内容:インターネットを使った女性支援事業、 育児支援事業
所在地:東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
URL: https://kidsline.me/

■ 当記事に関するお問い合わせ先
メディア掲載・取材に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
株式会社キッズライン 広報担当
取材依頼フォーム: https://kidsline.me/corp/coverage

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)