この春、買いたいボトム1位は「ワイドパンツ」!着こなしのコツはトップスと靴?!「春夏ファッションについての意識調査2016」

この春夏、ガウチョに続くブレイクアイテムに?! デジタル時代の女ゴコロを探る情報サイト「BWRITE」調査レポート

デジタルマーケティング会社の株式会社ADDIX(本社:東京都港区 代表取締役社長:酒井大輔 以下、 ADDIX)が運営する、 デジタル時代の女ゴコロを探る情報サイト「BWRITE(ブライト)」は、 今年2月中旬に実施した「春夏ファッションについての意識調査2016」の結果レポートを発表いたしました。

 

まだまだ肌寒い日もありますが、 3月も半ばを過ぎました。 街をゆく女性たちのファッションも段々と春仕様にチェンジして、 新しいアイテムがほしくなる季節です。 昨年から続く注目トレンドのひとつは「ビッグシルエット」。 昨年、 裾に向かって広がったデザインの7分丈パンツ「ガウチョパンツ」が大流行したのは記憶に新しいところですが(※1)、 今年流行の兆しがあるのはどんなアイテムでしょうか?

BWRITEでは、 今年2月中旬、 20代以上の女性200名に対して「春夏ファッションについて」の意識調査を実施しました。 そこで見えてきたものは「ワイドパンツ」に対する関心の高さでした。

(※1)BWRITE「ガウチョパンツについての意識調査」(2015年8月実施)
http://bwrite.biz/archives/10131

女性を探る。 知る。 活かす。 情報サイト「BWRITE」
「春夏ファッションについての意識調査2016」調査結果ページ

http://bwrite.biz/archives/12018
(結果詳細・全てのグラフはこちらから)

<調査概要>
「春夏ファッションについての意識調査2016」(調査実施:BWRITE)
【調査実施期間】
2016年2月12日(金)~ 2月21日(日)
【調査対象・人数】
18歳以上の「Skets」会員女性 200名(有効回答)
【調査方法】
WEBアンケート方式
【アンケート収集元】
共創コミュニティサービス「Skets」

<結果の概要>
◇8割の女性が今年、 何らかの春夏用ファッションアイテムを購入する予定と回答。
◇春夏用ファッションアイテムの初回購入時期は、 3月43.5%、 4月18.0%、 2月11.0%。
◇今年購入したい春夏用ファッションアイテム、 第1位ワンピース、 第2位カーディガン、 第3位パンツ。
◇今年の春夏ファッションに取り入れたいトレンド、 ボトムスでは「ワイドパンツ」が一番人気。
◇「ワイドパンツ」を昨年から今年にかけて購入した女性は回答者の1割。
◇「ワイドパンツ」購入前のイメージは、 「おしゃれに見えそう」「コーディネートが難しそう」「太って見えそう」。
◇「ワイドパンツ」購入後の感想、 上位には「着心地が楽」「おしゃれに見える」「トレンド感がある」「スタイルがよく見える」。
◇「ワイドパンツ」購入者の着こなしのコツ、 1位は「トップスはタイトにする」、 2位は「丈が短めのトップスにする」、 3位は「ヒールが高い靴を合わせる」。
◇「ワイドパンツ」を、 「あえてトップスもビッグなシルエットを合わせる」という声も。 おしゃれ上級者には「ゆるゆるコーデ」も人気。

<調査結果ページ抜粋>
■8割がこの春夏にファッションアイテムを購入予定。 ボトムではワイドパンツが一番人気!
まず、 女性たちに春夏用のファッションアイテムを購入する時期を聞いてみました。 その結果、 3月が43.5%、 4月が18.0%、 2月が11.0%、 1月までに購入済みの人は3%という結果が出ました。 「購入しない予定」と答えたのは20%なので、 8割の女性は、 何らかのファッションアイテムを購入する予定があるようです。

 

 

次に、 「今年の春夏ファッションで、 あなたが取り入れたいと思っている注目のトレンドを教えてください」と聞いたところ、 上位3位までは、 第1位は「ロングカーディガン」(27.5%)、 第2位は「ゆるニット」(26.5%)、 第3位は「デニム素材」(23.0 %)でした。 素材やトップスが上位を占めるなか、 第5位に「ワイドパンツ」が13.5%でランク入りしています。 ボトムスのなかではワイドパンツが一番人気ということになります。 ちなみに、 昨年大流行したガウチョパンツは第8位(10.5%)でした。

■コーデが難しそうだったけど、 意外と使えた「ワイドパンツ」
流行のトレンド「ビッグシルエット」のなかでも、 実はガウチョパンツとワイドパンツでは、 昨年から調査時点までにどのくらいの女性がワイドパンツを購入したのでしょうか。 今回のアンケートの結果を見ると、 回答した女性の1割にあたる20名がすでに購入済みと答えています。 購入時期については、 昨年から今年にかけて購入した女性の35.0%が昨年の夏頃に購入したと答えました。

 
ワイドパンツを購入済みの女性に、 購入前のイメージを聞いてみると、 最も多かったのが「おしゃれに見えそう」(35%)でした。 しかし同時に、 「コーディネートが難しそう」「太って見えそう」という心配も、 それぞれ35.0%という結果になりました。 続いて「着心地が楽そう」「トレンド感のある着こなしができそう」「バランスが悪くなりそう」が各々30.0%でした。 トレンド感と同時に着こなしの難しさを心配していたようです。

では、 実際に購入して着てみた感想はどうだったのでしょうか。 結果は、 「着心地が楽」(50.0%)、 「おしゃれに見える」「トレンド感のある着こなしができる」がそれぞれ45.0%、 「スタイルがよく見える」が35.0%、 「コーディネートが難しい」が25.0%でした。 この結果から推測すると、 購入前に想像していたより、 ワイドパンツは使えるアイテムだったようです。

 
具体的な感想を聞いてみると、
「体型が隠せる。 スニーカーにもヒールにも合うから便利」(18~29歳/フルタイム勤務)
「履くだけでオシャレに見えるし、 思ってたよりも履きこなしやすくて気に入っている」(18歳~29歳/パート・アルバイト)
「動きやすくて、 仕事でも使える」(30代/フルタイム勤務)
「メンズっぽいので、 他を女性らしくするとおしゃれになって楽しい」(40代以上/パート・アルバイト)
といった声が上がりました。

しかし中には、
「下手に着ると太って見えたりして、 お蔵入りになりそう」(18~29歳/フルタイム勤務)
という感想も。
そこで次の段落では、 ワイドパンツの着こなしのコツについて考えてみました。

■「トップスをタイトに」?「ゆるゆるコーデ」?ワイドパンツは楽しみ方もいろいろ
「おしゃれに見える」けれど、 気をつけないと「太って見える」など、 着こなしにコツが必要なワイドパンツ。 そこで、 ワイドパンツを購入した人に着こなしのコツを聞いてみたところ、 コツの第1位は「トップスはタイトにする」、 2位は「丈が短めのトップスにする」でした。

 

具体的なコツを聞いてみると、
「トップスをピタっとしたものにしてメリハリをつける。 」(18歳~29歳/パート・アルバイト)
「ワイドパンツにレザーのブルゾン 。 丈短めのトップスにする。 」(18歳~29歳/パート・アルバイト)
「ヒールをはいて下半身が重たく見えないようにする。 」(40代以上/パート・アルバイト)
「トップスはコンパクトに、 足元はスニーカーかポインテッドバレエシューズに合わせて」(40代以上/専業主婦)
といった声が聞かれました。
ワイドパンツの着こなしには、 トップスと靴がポイントのようです。

また、 中には
「ロングカーディガンを着て全体的にリラックスした着こなしに」(18~29歳/パート・アルバイト)
「あえてトップスもビッグなシルエットを合わせる」(30代/フルタイム勤務)
という、 ゆったりとした着こなしを楽しむ女性もいました。
よりおしゃれを楽しみたい「おしゃれ上級者」には、 上下ゆったりとした「ゆるゆるコーデ」もトレンドとなっているようです。

■この春夏は、 「着心地の楽さ」と「おしゃれ見え」を叶える「ワイドパンツ」が人気に?!
ワイドパンツはボディラインを隠すのでマニッシュなイメージがあり、 男性ウケがイマイチとも指摘されるアイテムです。 しかし、 女性にとってワイドパンツは体型をカバーできるだけではなく、 オンタイムにはヒール、 オフタイムにはスニーカーを合わせるなど、 オン・オフどちらにも対応できる便利なアイテム。 それに、 なんといっても、 履いていて楽なのが大きな魅力のようです。

また、 最近のファッショントレンドを見ると、 SNS普及の影響なのか、 ガウチョパンツ、 サロペット、 オールインワンなど、 「男ウケ」アイテムより、 おしゃれに見える「おしゃれ見え」アイテムに人気が集まる傾向があります。 リラックスムードの「エフォートレス」や「ぬけ感」も、 引き続きトレンドキーワードとなっています。

着心地の良さと、 程よいトレンド感とを同時に叶えてくれる、 便利アイテムの「ワイドパンツ」。 この春夏シーズンに、 女性たちの人気をよりいっそう集めそうな気配です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「BWRITE」では、 今後もSkets会員に対して女性の購買動向やインサイトに関する意識調査を定期的に行い、 分析の結果を記事として発表してまいります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※本調査結果は転載フリーです。
ご利用の際は、 調査主体「BWRITE」、 およびアンケート収集元「Skets」を明記していただきますようお願いいたします。 また、 WEBメディアでのご掲載の際は、 BWRITEサイト( http://bwrite.biz/  )へのリンクをお願いいたします。
(クレジット表記例)出典:「BWRITE」・・・など

■「BWRITE(ブライト)」とは?
「BWRITE」( http://bwrite.biz/ )は、 デジタル時代に女性の共感ポイントをつかむヒントをお届けする情報メディアとして、 2015年9月、 新たに生まれ変わりました。 現代社会に生きる女性たちの購買行動や消費心理を、 独自に収集・分析した情報をベースにわかりやすく読み解き、 情報価値の高い記事をお届けします。 好評の「マーケッター女子座談会」シリーズに続き、 この2月からは新シリーズ「マーケッター女子取材編」がスタート。 話題のデジタルキャンペーンやイベントなどを取材し、 記事にしていきます。

【会社概要】
会社名:株式会社ADDIX
代表者:代表取締役 酒井大輔
所在地:東京都港区北青山3-6-23 青山ダイハンビル10階
事業内容:デジタルマーケティング事業
インターネットビジネスの企画・開発・運営
EC支援マーケティング支援
コンサルティングデザイン&コンテンツクリエイティブ
システムソリューションの企画・開発
メディアプロデュース
http://www.addix.co.jp/

関連会社:
株式会社 2.(ツードット) http://two-dots.co.jp/
株式会社 SUGOI(スゴイ) http://sugoiinc.tokyo/

◇女性を知る。 探る。 活かす。
デジタル時代の女ゴコロを探る情報サイト「BWRITE」

http://bwrite.biz/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ADDIX
BWRITE編集部:松本桂子
Mail:bwrite@addix.co.jp
TEL:03-6427-7621

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)