2017年4月「お茶の京都博」の開宴に向けたプロモーションを東京丸の内で開催 東京丸の内でお茶壺道中や煎茶や玉露をふるまう

京都府及び山城地域の市町村では、 「お茶の京都」をテーマに地域振興に取り組んでいる。 そして、 2017年4月からは、 「お茶の京都」のターゲットイヤーとして「Discover Premium Green」をコンセプトとした、 「お茶の京都博」の開催に向けて、 10月31日(月)から11月3日(木)までの4日間、 東京丸の内仲通りや丸ビルマルキューブにてプロモーションを展開した。

プロモーションは、 わらべ歌「ずいずいずっころばし」に”茶壺に追われてトッピンシャン 抜けたらドンドコしょ”とうたわれた「お茶壺道中」を現代版に再現し、 京都駅を出発し、 新幹線で東京に、 そして、 東京丸の内仲通りを京都府や各市町村の職員が江戸時代の「お茶壺道中」の衣装に扮して総勢24名で練り歩いた。 仲通りでは、 買い物などを楽しむ多くの人が「お茶壺道中」にくぎずけになり写真撮影などをし、 盛り上がりを見せた。 また、 丸ビルマルキューブでは、 石臼体験や茶歌舞伎体験に加え、 玉露や煎茶の振る舞い、 宇治茶の魅力を多くの人が楽しんだ。

 

 

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)