乾電池「エボルタ」でギネス世界記録「世界最長距離 有人飛行」に挑戦

パナソニック 乾電池「エボルタ」

パナソニック株式会社は、 乾電池「エボルタ」の長もち・パワー実証実験として単3形乾電池「エボルタ」を動力とした機体で世界最長距離の有人飛行を行い、 ギネス世界記録(※1)の取得に挑戦します。

本挑戦は、 東海大学チャレンジセンター・ライトパワープロジェクト・人力飛行機チームの学生と共に実施します。 機体の設計・製作は51名の学生が行います。 挑戦の舞台は「琵琶湖」です。 単3形乾電池「エボルタ」を動力にした機体が彦根港から飛び立ち、 10km以上飛行して “Greatest distance travelled by a fixed-wing aircraft powered by primary dry cell batteries”(一次電池(乾電池)で固定翼航空機が飛んだ最長距離)のギネス世界記録(※1)取得を目指します。

<挑戦の概要>
・日時:2016年11月3日(木・祝日)予定
・場所:滋賀県「琵琶湖」
・概要:単3形乾電池「エボルタ」を動力に、 東海大学チャレンジセンター・ライトパワープロジェクト・人力飛行機チームが製作した機体が、 10km以上を飛行してギネス世界記録(※1)の取得を目指す。
・後援:滋賀県

<機体について>※2016年9月26日時点
・外寸:幅2,620cm 高さ335cm 長さ710cm
・機体材質:炭素繊維強化プラスチック、 発砲スチロール他
・機体重量:約77kg
・全備重量:人を乗せて約130kg

<東海大学チャレンジセンター・ライトパワープロジェクト・人力飛行機チーム>
東海大学チャレンジセンターに所属するプロジェクトで、 「人力飛行機チーム」に所属している学部の枠を超えた学生の中から、 総勢51名が今回チャレンジに参加します。 学生自らが設計・製作した機体で人力飛行機の大会へ出場し、 優勝を目指して活動しています。 飛行機は6つの班に分かれて各パーツごとに製作を担当しています
今回乾電池を動力とし、 距離を目標とした琵琶湖での有人飛行は初の試みとなります。

<動力源の乾電池「エボルタ」>
2008年の発売以降、 世界約80カ国で発売されるロングセラー商品で単1形から単4形及び9V角型をラインアップ。 長もち性能とパワーが共に高く、 大電流域から小電流域まで、 幅広い機器で快適に使用できます。 2016年8月末に累計生産個数20億本を突破。

※1 ギネス世界記録
“Greatest distance travelled by a fixed-wing aircraft powered by primary dry cell batteries”
(一次電池(乾電池)で固定翼航空機が飛んだ最長距離)のギネス世界記録(※1)取得を目指します。
※1 ギネス世界記録(R)はギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。

【報道関係者様からのお問い合わせ先】
パナソニック株式会社 アプライアンス社 コンシューマーマーケティングジャパン本部 広報課 佐々木
電話 03-5781-4183(直通)

【お客様からのお問い合せ先】
お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時~20時)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 乾電池「エボルタ」でギネス世界記録「世界最長距離 有人飛行」に挑戦(2016年9月26日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/09/jn160926-3/jn160926-3.html

<関連情報>
・世界最長距離鉄道走行チャレンジ
http://evolta.jp

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)