「イオン・ユニセフ セーフウォーターキャンペーン」募金・寄付を日本ユニセフに贈呈 カンボジア・ラオス・ミャンマーの子どもたちに安全な水を

公益財団法人イオンワンパーセントクラブ(以下、 当財団)は12月3日(木)、 「イオン・ユニセフ セーフウォーターキャンペーン」で全国からお寄せいただいた募金に当財団からの拠出金を合わせ、 40,339,162円を公益財団法人日本ユニセフ協会へ贈呈します。 この取り組みは2010年より開始し、 今年で6年目を迎えます。

 

本年はイオングループからご協力のお申し出をいただき、 10月1日(木)~11月15日(日)の期間、 全国約8,000ケ所で募金の受付を行いました。 また同グループプライベートブランドの企画開発企業であるイオントップバリュ株式会社からお申し出をいただき、 同期間中に販売した同社の「トップバリュ ナチュラルミネラルウォーター500ml」1本あたり5円の寄附を加え、 贈呈します。 

当財団が学校建設の支援を行ってきたカンボジア、 ラオス、 ミャンマーの一部地域では、 今なお、 池や河川の不衛生な水が生活用水として使われています。 子どもたちはこの水を遠くまで汲みに行く家事の手伝いに時間をとられ、 学校の授業への出席率が低下しています。 当財団はこうした子どもたちを健康面、 教育面の両面でサポートするため、 2010年より毎年、 子どもたちが暮らす村や町で給水施設の設置を支援してきました。 これまでに3カ国あわせて約24万人の人々が安全な水を使えるようになり、 子どもたちの授業への出席率も改善されています。 

当財団は、 これからも子どもたちの「夢のある未来」を応援してまいります。 

【贈呈式の概要】 
・日時:12月3日(木)13:30~14:30
・場所:イオン葛西店4Fイベントスペース(東京都江戸川区西葛西3-9-19)
・贈呈先:公益財団法人日本ユニセフ協会
・贈呈額:40,339,162円
(内訳)
お客さまからの募金 19,247,501円
公益財団法人イオンワンパーセントクラブ拠出金 19,247,501円
「トップバリュ ナチュラルミネラルウォーター500ml」を通じた寄付 1,844,160円
・主な出席者:
駐日カンボジア王国大使館 チャ キムタ特命全権大使
駐日ミャンマー連邦共和国 ジン ウィ ピュ書記官、 カイマール ウィントジンタント書記官
外務省南東アジア第一課長 宮本 哲二様
キャンペーンPR大使(シンガーソングライター) 川嶋 あい様
公益財団法人日本ユニセフ協会専務理事 早水 研様
公益財団法人イオン1%クラブ理事長 横尾 博

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)