【FRONTIER】第6世代CPU「インテル Celeron プロセッサー 3855U 」搭載 15.6型ノートパソコン新発売

~ ビジネス用途やインターネット閲覧に最適 ~

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、 代表取締役:山本 慶次郎)(以下、 当社)は、 2016年3月17日(木)より、 インテル社製の第6世代 CPUを搭載した低価格帯のノートパソコンの販売を開始しています。

このたび発表する新製品は、 第6世代 CPU「インテル(R) Celeron(R) プロセッサー 3855U (1.60GHz/2MB)」を搭載した15.6型のノートパソコンです。 基本モデルは、 最新OSのWindows 10、 メモリ4GB、 HDD 500GBの構成でご用意しています。 高速起動を実現するSSDや大容量メモリなど幅広いカスタマイズに対応しますので、 予算や用途に応じたBTOを楽しめます。
左側側面にはUSB3.0を2つ、 右側面にはUSB2.0を2つずつ備えているため、 周辺機器との接続にも便利です。
また、 キーボードには数字入力の際に活躍するデスクトップパソコンと同じ4列テンキーを搭載し、 数字を入力することが多い、 さまざまなビジネスシーンで活躍します。 4万台~とリーズナブルな価格帯ながら、 多彩な機能を備えたハイコストパフォーマンスモデルです。

 
■製品の特長

<モバイル用第6世代CPU搭載>
モバイル用第6世代CPUは製造プロセスに、 最新の14nmを採用しています。 本製品 に採用された「インテル(R) Celeron(R) プロセッサー 3855U」はTDP(熱設計電力)が15Wと、 バッテリー駆動時間を伸ばすことに貢献しています。 また「インテル クイック・シンク・ビデオ」により対応したソフトウエア上で動画のエンコード速度に威力を発揮します。

<目が疲れにくいノングレア液晶採用>
15.6型のワイドな画面には、 1366×768ドットのノングレア液晶を採用しています。 ノングレア液晶は、 反射が少なく長時間利用しても目が疲れにくいため、 ビジネス用途をはじめ幅広いシーンで活躍します。

<オフィスで威力を発揮する4列テンキー採用>
通常ノートパソコンに採用されることが多い3列のテンキーではなく、 デスクトップパソコンと同じ4列のテンキーを搭載しています。
数字を入力することの多いビジネスシーンで活躍するとともに、 表計算ソフトなどを使用する際にも思いのままスムーズに数字データの入力が可能です。 また、 キーボードはキーの間隔が広いアイソレーション方式となっており、 タイピングミスを減らすことができます。

<周辺機器との接続に便利な多彩な機能>
左側面にUSB3.0を2つ、 右側面にUSB2.0を2つずつ備えているため、 マウスや外付けHDDなどの機器との接続に便利です。
また、 前面にメモリースティックとSDカードが読み込めるカードリーダーを装備し、 SDXCまでのSDカードに対応します。
Bluetooth 4.0LE にも対応し、 マウスやヘッドセットなどもワイヤレスで利用できます。

尚、 こちらの製品は、 FRONTIERダイレクトストア( http://www.frontier-direct.jp/ )にて、 2015年3月17日(木)より販売を開始しています。

▼第6世代CPU搭載 15.6型ノートパソコン「NL」シリーズはこちらから
http://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3TgXVMFw&ai=PR-1603230201

●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地: 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立        : 昭和26年12月14日
■資本金     : 1億2245万円
■代表者     : 山本 慶次郎(代表取締役)
■事業内容  : 自社製パーソナルコンピュータの開発・製造および販売、 リユースパソコンの販売
■取扱商品 : 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、 パーソナル・コンピュータ用周辺機器、 リユースパソコン(ノート、 デスク、 一体型、 液晶セット、 パーツ、 その他)、 各種情報機器

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)