昭和の街角にあった「エロ本自販機」は、まだあるのか!? 『全国版 あの日のエロ本自販機探訪記』、たとえ望まれてなくても堂々発売中!

くだらなすぎて誰も手をつけてこなかったジャンルに、堂々切り込むノンフィクション&写真集。7月8日(土)にはイベントも予定しています!!

このネット社会で「誰が自販機を設置し、 誰がエロ本を買い、 誰がどこで仕入れ、 誰が自販機に商品を入れているのか」? 男なら誰でも知ってるのにもかかわらず、 正体一切不明のエロ自販機という存在。
本書は、 誰もが見て見ぬフリをし続けたエロ文化遺産を膨大な写真と、 業者さんへの貴重なインタビューなどの原稿とでパッケージした、 これまでも、 これからも決して出版されることのない、 エロ本自販機ジャンルに関する決定版的書籍です。

cover

cover

 

昭和の街角にあった「エロ本自販機」は、 まだあるのか!?
日本全国を駆け回ったエロ本自販機探しの旅、 ついに単行本化!

書名:『全国版 あの日のエロ本自販機探訪記』
著&撮影:黒沢哲哉
定価:本体2200円+税
体裁:A5判並製/320ページ
発売日:2017年4月21日
http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-31225-6.html

もう必要ないかもしれない。 もうなくなるかもしれない。 でも、 これが俺たちの原風景

「エロ本自販機」を探し出し尽くし、 撮影しまくった「完全にどうかしてる」作家が放つ前人未到の探訪記。
自販機を基点としたこのルポルタージュは、 エロの歴史と、 地方の実情、 公権力との攻防や、 何より、 濃厚な人間模様を内包していた……。

 

 

■目次
・エロ本自販機、 その歴史
・エロ自販機の探し方【初級編】
・全国エロ自販機探訪【北海道・東北編】
・全国エロ自販機探訪【関東・甲信編】
・全国エロ自販機探訪【北陸・東海編】
・全国エロ自販機探訪【関西編】
・全国エロ自販機探訪【中国・四国編】
・全国エロ自販機探訪【九州編】
・エロ自販機の探し方【応用編】
・ネットでエロ自販機を語る人々
・業界最大手エロ自販機業者社長、 かく語りき
エロ本自販機業者A氏、 他
・エロ自販機に入っている雑誌はどこから来たのか
ゾッキ本流通業者K・S氏
・今日も夜中の山道をエロを詰めたミニバンが往く
エロ本自販機業者B氏、 他
・北海道・東北のエロ自販機の在り処
・関東・甲信のエロ自販機の在り処
・北陸・東海のエロ自販機の在り処
・関西のエロ自販機の在り処
・中国・四国のエロ自販機の在り処

(著者プロフィール)
1957年、 東京の葛飾柴又生まれ、 早稲田大学第二文学部卒業。 学生時代にライターとしての仕事を開始。 卒業後は勁文社に入社し『全怪獣怪人大百科』などの編集にたずさわる。 ’84年フリー。 主に昭和のサブカルチャーやマンガ研究、 マンガ原作の分野で活動。 主な著書『ぼくらの60~70年代宝箱』、 『ぼくらの60~70年代熱中記』(共にいそっぷ社)、 漫画原作の代表作『マジック・マスター』(スクウェア・エニックス)、 『学習まんが人物館 藤子・F・不二雄』(小学館)など。

■ イベント告知
『あの日のエロ本自販機探訪記』発売記念 誰も知らないエロ本自販機とエロ本小屋の話をしよう

日程:2017/7/8(土)
場所:Loft PlusOne West(大阪)
OPEN 12:00 / START 13:00
前売り ¥1,800 / 当日 ¥2,300(飲食代別)※要1オーダー¥500以上
前売券はイープラス、 ロフトプラスワンウエスト店頭&電話予約にて6/10(土)10時~発売開始!
ロフトプラスワンウエスト電話→0662115592(16~24時)
※ご入場はプレイガイド整理番号順→ロフトプラスワンウエスト店頭&電話予約→当日の順 となります。
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/67419

【出演】
黒沢哲哉(『あの日のエロ本自販機探訪記』著者)
よごれん(「TEAM酷道」管理人、 エロ本小屋取材など)

渋谷Loft9にて開催しニコ生アーカイヴには決して残せないヤバい内容で、 大盛況のうちに終わったエロ自販機本トークイベントが大阪に上陸
お盆も正月も車中泊を繰り返し、 日本全国を車で移動、 路傍のエロ本自販機を数年がかりで探し尽くすという誰もやらない冒険から帰還し、 300ページ超えの大著『あの日のエロ本自販機探訪記』を記した黒沢氏と、 細く酷で険しい道々を走破し、 秘境廃墟珍スポを巡ってきた「チーム酷道」の管理人にして、 ネットの好事家がその動向を注視し、 衝撃的な結末を迎えた「通称:エロ本小屋」の取材者よごれん氏が、 僻地巡回の果てに、 ここ大阪で必然の邂逅!
黒沢氏が「日本随一のエロ本自販機天国」と語る大阪が誇る、 威容にして異様なるエロ本自販機の写真&実態紹介から、 完全にどうかしてるグーグルストリートビューを使ったエロ本自販機の探し方もレクチャー! エロスとタナトス。 郷愁と寂寞。 荒廃と無機質。 誰も目を向けないニッポンのローカルを見続けてきた2人だから語れることが、 ここにある!
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/67419

 

 

http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-31225-6.html

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)