『空間ディスプレイデザイナー1級・2級資格認定試験』(日本デザインプランナー協会主催)の平成29編2月開催分の申込み受け付けを開始いたしました。

日本デザインプランナー協会は、デザイン技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する協会です。

日本デザインプランナー協会(東京都中央区日本橋兜町5-1AIG兜町ビル3階)は平成28年4月1日より、 協会認定資格の「空間ディスプレイデザイナー資格認定試験」( https://www.designshikaku.net/test/kukan/ )の平成29年2月開催分の受講申し込み受け付けを開始いたしました。

日本デザインプランナー協会とは

日本デザインプランナー協会は、 デザイン技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する機関です。 各スキルを有する技術者として備えるべき能力についての水準を示すことにより、 それら技術の向上に資すること、 また、 各スキルを利用する企業、 現場が人員の採用を行う際に役立つよう客観的な評価の尺度を提供し、 これを通じて各スキルの技術者の社会的地位の確立を図ることを目的としています。 また、 各スキルを利用する企業、 現場において要求される基本的な技術を十分理解した上で、 用途や目的に応じて、 技術の有効活用を行うことができる人材の育成を目的としています

空間ディスプレイデザインとは

空間ディスプレイデザインには、 陳列の知識・技術から色彩演出、 照明技術など様々な技能が必要とされます。 空間ディスプレイデザイナーとしての知識・技術レベルの社会的な証明を目的とする認定試験です。 資格取得後は、 自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

【1級受験概要】
空間ディスプレイデザインの基礎・応用技術に加え、 空間を表現する技能を有していることを認定する。 空間の陳列の基礎・応用、 色彩・ヴィジュアルマーチャンダイジング(VMD)の基礎知識などについて出題される。
【2級受験概要】
空間ディスプレイデザインの基礎・応用技術を有していることを認定する。 空間の陳列の基礎・応用、 色彩の基礎知識、 ヴィジュアルマーチャンダイジング(VMD)の基礎知識などについて出題される。

【 試験案内(1級2級共通)】
受験資格: 特になし
受験料 :10,000円(税込)
受験申し込み方法 :日本デザインプランナー協会ホームページより申込み
受験方法 :在宅受験
合格基準 :70%以上の評価

※試験は筆記にて実施されます

平成28年2月実施試験

受験申込期間  平成28年1月1日~1月30日
解答用紙発送日 随時
試験期間    平成29年2月20日~25日
答案提出期限  平成29年2月28日必着
合否通知発送日 平成29年3月20日

【日本デザインプランナー協会認定講座のご案内】
諒設計アーキテクトラーニング( https://www.designlearn.co.jp/ )の「空間ディスプレイデザイナー資格取得講座」( https://www.designlearn.co.jp/kukan/ )は日本デザインプランナー協会(JDP)の認定を受けた講座です。

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)