ハリー・ポッター新シリーズ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』をいち早く紹介! Pen11月15日号「ハリー・ポッター完全読本」11月1日発売!

子どもも大人も熱狂の渦に巻き込んだ「ハリー・ポッター」シリーズ。 ついに新シリーズの映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が完成しました。 世界中が待ちに待ったその新作を徹底解剖。 「ハリー・ポッター」全作も小説・映画と独自視点で魅力を解き明かす大特集、 Pen11月15日号「ハリー・ポッター完全読本」(CCCメディアハウス)は2016年11月1日発売です(一部地域は発売日が異なります)。

Pen11月15日号(11月1日発売)630円(税別)デジタル版463円(税別)

小説は誰もが知る世界的なベストセラー、 映画は「スターウォーズ」、 「007」を超えて、 シリーズものの興業収入1位を記録するなど、 J.K.ローリングが書いた少年ハリーと魔法の物語に、 世界中の人が夢中になりました。 2011年に「ハリー・ポッター」シリーズ最後の映画が完成、 終止符が打たれていたところ、 なんと新シリーズの映画『ファンタスティック・ビースト』(11月23日公開)が発表に! この夏からは舞台劇『ハリー・ポッターと呪いの子』の公演も始まるなど、 魔法の世界はいま、 さらなる広がりを見せています。

そんな、 世界が待ちわびた新作『ファンタビ』の公開に先駆けて、 Penがどこよりも早く徹底解剖します。 まずは、 作者J.K.ローリングの人物像に迫ります。 続いて、 新作映画のキーパーソンにインタビュー。 監督のデイビッド・イェーツはもちろん、 魔法動物学者の主人公ニュート・スキャマンダー役を演じるエディ・レッドメイン、 ヒロインのポーペンティナ・ゴールドスタインを演じるキャサリン・ウォーターストン、 凄腕の魔法使いを演じるコリン・ファレルという主要キャスト3人に加え、 「ハリポタ」映画を成功に導いたプロデューサーのデイビッド・ヘイマン、 ホグワーツの学校などを完璧にビジュアル化した美術監督のスチュアート・クレイグら、 錚々たるメンバーが、 「ハリポタ」と『ファンタビ』の魅力を語ります。

次に、 「ハリポタ」シリーズの小説7作品と映画8作品について、 本作を研究対象とする英文学者と、 第1作の映画から取材を続けてきた映画ライターが、 独自の視点で面白さの秘密を解き明かしました。 また、 「ハリポタ」全シリーズを撮ったロンドン郊外のスタジオやロケ地など、 圧倒的な世界観をつくったセットや歴史的建造物を解説。 ほかに、 ダニエル・ラドクリフや、 その仲間たち、 魔法学校の先生たちなど主要キャラクター名鑑や、 実生活でも使いたくなる(?)これだけは覚えておきたい魔法の呪文集も収録。 「ハリポタ」にまたワクワクし、 いますぐ『ファンタビ』を見たくなること必至! Pen創刊20周年記念の大特集は、 魔法の世界へあなたを誘います。

Pen最新号はこちら。 → http://www.pen-online.jp/magazine/pen/pen-417-harry/

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)