ベストセラー絵本『いつでも会える』の菊田まりこ、5年ぶりの新作絵本『ひとつぼし』が発売!

「涙がとまりませんでした」「暖かいきもちになりました」と話題になり、 100万部を超えるベストセラーとなった『いつでも会える』の著者、 菊田まりこによる新作絵本『ひとつぼし』(株式会社学研プラス発行 定価:本体1300円+税)が10月28日に発売となりました。

左:『ひとつぼし』の表紙ビジュアル 右:『ひとつぼし』中面ビジュアル (C)Mariko Kikuta
  • みんなちがうひとつぼし。 きみのひかりはきみだけのもの。

ベストセラー絵本『いつでも会える』を生んだ菊田まりこ氏が5年ぶりに描き下ろした本書『ひとつぼし』は、 子どもたちが主役です。 子どもにとって得意なものや、 好きなもの、 性格など個性はさまざま。 まだ自分が持っているひとつ星に気が付いていない子も、 キラリと光るひとつ星を必ず持っています。 いつかきっとその星が光る時がくるはず。 自分の個性にまだ気がついていなかったり、 自信を持てない全ての人へ贈る、 優しいエールが込められた絵本です。 小さな子どもや、 その子どもを持つ親、 また若者など幅広い読者に響く、 温かなメッセージがつまった感動作です。

【菊田まりこ氏コメント】
「ひとつぼし」は、 いろんな意味がこめられている光です。
読み進むうちに、 何度か「ひとつぼし」についての理解の扉をあけていきます。
そして最後にあかされる『大きな意味』のその答えに結びつくのです。

★絵本『ひとつぼし』は、 10月28日から発売。

【著者プロフィール】菊田まりこ(きくた・まりこ)
絵本作家。 イラストレーター、 グラフィックデザイナーとしても活動。 絵本デビュー作の『いつでも会える』(学研)は、 1999年度ボローニャ国際児童図書展ボローニャ児童賞の特別賞を受賞。 100万部を超えるベストセラーになり話題に。 その他の作品に『君のためにできるコト』『あの空を』『僕のとなりには』『君はわらうかな』(ともに学研)、 『ゆきの日 On Christmas day』(白泉社)、 『ありがとうがしりたくて』(海竜社)など。

[商品概要]
『ひとつぼし』
定価:本体1,300円+税
発売日:2016年10月28日(金)
判型:187×170/56ページ
ISBN:978-4-05-204535-6
発行所:(株)学研プラス
学研出版サイト: http://hon.gakken.jp/

【ネット書店でのご購入はコチラ】
・Amazon  http://www.amazon.co.jp/dp/4052045351
・楽天ブックス  http://books.rakuten.co.jp/rb/14433078/
・セブンネット  http://7net.omni7.jp/detail/1106700287
・学研出版サイト  http://hon.gakken.jp/book/1020453500

※株式会社学研プラスは、 株式会社学研ホールディングスのグループ会社です。

【学研プラス最新ニューストックス→ http://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/7512
●“14年待ち”でも食べたいパンってどんな味?  “入手困難モノ”を大捜査! [GetNavi12月号]
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000876.000002535.html
●「学び」の学研が「食」のマルハニチロとコラボ!「DHAのチカラ フィッシュソーセージ」に学研コラボ特別パッケージが11月から登場!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000871.000002535.html
●ホームズ・ルパンの活躍に、 小学生達が夢中! “10歳までに読みたい名作ミステリー”シリーズより「名探偵シャーロック・ホームズ ホームズ最後の事件!?」と「怪盗アルセーヌ・ルパン 王妃の首かざり」発売
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000875.000002535.html
●眠りたがらないお子さんが眠る!? 話題沸騰中のおやすみ絵本『ねんねこコトラ』読み聞かせセミナー開催!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000868.000002535.html

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)