六甲颪(おろし)を光のグラデーションで表現 六甲山光のアート Winter Version 11月26日(土)からスタート!

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)が六甲山上で運営する「自然体感展望台 六甲枝垂れ」では、 2016年11月26日(土)~2017年1月9日(月・祝)に、 六甲山光のアート「Lightscape in Rokko ~Winter Version~」を開催します。
ウィンターバージョンでは、 六甲山の冬の風物詩「六甲颪」をライティングで表現します。 光のグラデーションの美しさに加え、 標高約888mからのぞむ1000万ドルの夜景は、 冬の澄んだ空気により、 更に輝きを増します。 光の演出と夜景の圧巻の眺望をお楽しみください。

「Lightscape in Rokko ~Winter Version~」イメージ

六甲山光のアート「Lightscape in Rokko ~Winter Version~」開催概要
六甲山光のアート「Lightscape in Rokko」の 今年のコンセプトは「六甲山の四季を巡る風」 です。 1000万色以上の色彩表現ができる最新のLED照明器具を使い、 限りなく自然光に近い光で展望台全体を覆うフレームを内側から照らし、 六甲山に吹く風の揺らめきを表現します。

ウィンターバージョン「颪(おろし)」
凛として美しい冬の訪れを告げる六甲颪が空を舞う。

【開催日時】
11月26日(土)~2017年1月9日(月・祝)
17:00~21:00(20:30受付終了)
※天候等により変更する場合があります。
※約10分間の演出を繰り返し行います。

【入場料金】
大人(中学生以上)300円、 小人(4歳~小学生)200円
※通常の入場料金のみでご覧になれます。

演出作家:伏見雅之氏プロフィール
主な受賞歴は、 「1991年 卒業制作東京芸術大学買い上げ」「2001年 あかりフェスタ2001 審査員特別賞」「2006年 ジャパンゴルフフェアPRGRブース空間デザイン (東京ビックサイト) JGGA賞第一位」。 光を通して日常空間や都市空間を彩り、 生活を豊かにする表現のツールとして活動しています。

六甲枝垂れ

「自然体感展望台 六甲枝垂れ」営業概要
【営業時間】
10:00~21:00 (最終受付20:30) ※天候等により変更の場合があります。
【定休日】
2017年3月7日(火)、 8日(水)
【入場料金】
大人(中学生以上)300円、 小人(4歳~小学生)200円
【所在地】
〒657-0101 神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
【資料に関するお問い合わせ先】
六甲ガーデンテラス TEL:078-894-2281/FAX:078-891-1171

六甲ガーデンテラス https://www.rokkosan.com/gt/

リリース https://www.rokkosan.com/wp-content/uploads/2016/10/161024_hikarinoart_huyu_web.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)