高級食材でありながら、じつは身近な場所にも生えているトリュフ。地下に生える、不思議な生態をもったキノコの仲間たちを、豊富な写真付きで紹介。

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、 2016年5月11日(水)に、 『地下生菌識別図鑑』を刊行いたします。

世界三大珍味のひとつで、 非常に高価な食材であるトリュフですが、 じつは私たちの身近な場所にも発生しています。

トリュフのように地下に生えるキノコは地下生菌と呼ばれ、 日本でもトリュフの仲間を含めて約100種が確認されているのですが、 地面の下で生きるために独特の進化を遂げた、 この生きものの生態は、 日本ではまだ謎に包まれている部分が多く、 とてもミステリアスなキノコだと言えます。

本書は、 そんな魅力溢れる地下生菌の生態、 観察方法の単なる紹介にとどまらず、 日本産の約100種を豊富な写真で紹介し、 また種の同定に役立つ豊富な情報を提供しています。
本書を手にして、 この謎に包まれた地下生菌を一緒に研究してみませんか?

【目次】
第1章 地下生菌概論
第2章 地下生菌の探し方
第3章 観察と同定方法
第4章 日本の地下生菌

【著者プロフィール】
佐々木廣海(ささき・ひろみ)
アマチュア菌類研究者。 日本菌学会および菌類懇話会に所属。 まだまだ情報の少ない日本の地下生菌を全国各地で探索し、 その分類や生態などを日夜研究している。 また、 観察方法を紹介して地下生菌を見つけることのできる人材を育て、 地下生菌の多様性の解明を目指す。 日本の地下生菌のパイオニア。

木下晃彦(きのした・あきひこ)
国立研究開発法人森林総合研究所非常勤特別研究員。 地下生菌の系統分類や生態に関する研究のほか、 森林生態系における外生菌根菌の役割や、 ラン科植物と菌根菌との共生関係について研究している。

奈良一秀(なら・かずひで)
東京大学大学院新領域創成科学研究科教授。 地下生菌の系統進化と多様性のほか、 菌根菌の生態的機能、 菌根共生を活用した絶滅危惧植物の保全など、 植物と土壌中の微生物の関係を中心に国内外で研究している。

【書籍概要】
書 名:『地下生菌識別図鑑』
著 者:佐々木廣海、 木下晃彦、 奈良一秀
仕 様:A5判、 144ページ
定 価:2,000円+税
配本日:2016年5月11日(水)
ISBN:978-4-416-51646-1

【書籍のご購入はこちら】
紀伊国屋書店: http://bit.ly/1WWRYWj
楽天ブックス: http://bit.ly/21QIxZs
ヨドバシ.com: http://bit.ly/1rNHY68
Amazon: http://amzn.to/1Od8iRa

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック: https://www.facebook.com/seibundoshinkosha
ツイッター: https://twitter.com/seibundo_hanbai

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)