GPファイナルで3連覇の羽生結弦をはじめとする12人のフィギュアスケート日本男子たちの苦難と栄光を追った一冊を発売!!

秘蔵スナップの特典付電子版も同日に配信

株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)では、 2015年12月16日に『百獣繚乱 ―フィギュアスケート日本男子― ソチからピョンチャンへ』(単行本)を発行、 またこの電子版を同日に配信開始いたします。 電子版には、 単行本未収録の選手のスナップ集付きです。

■スケートを辞めたくなったことも! 羽生の知られざる苦悩 

まだ記憶に新しいグランプリファイナルでの羽生結弦。 総合得点で330.43を叩きだし、 世界歴代最高点を自身で更新しました。 しかし、 順調にスケーターとして成功してきたように見える彼も、 「もう滑りたくない」「何のためにスケートをしてるのかわからない」と内なる葛藤とつねに戦っていました。 苦悩の中にいた羽生選手が、 いかにして栄光を手にするに至ったのか……本書では羽生選手を始め、 日本の誇るべきフィギュアスケート男子たちが銀盤の上では決してみせることのない素顔、 苦悩、 努力、 決意がインタビューを通じて綴られます。 それはまさに、 百花繚乱ならぬ、 「百獣繚乱」。 そしてピョンチャン五輪に向け、 「百獣の王」となるのは誰か?

【※本書で読めるフィギュアスケート男子たち】

高橋大輔 織田信成 小塚崇彦 町田樹 村上大介 無良崇人
田中刑事 羽生結弦 日野龍樹 宇野昌磨 本田太一 山本草太

■今から見ておきたい期待の若手選手から、 フィギュアスケート界を牽引してきた名選手まで。

宇野昌磨、 山本草太、 田中刑事、 日野龍樹、 本田太一ら注目の若手選手、 メキメキと実力をつけてきた村上大介、 無良崇人。 そして、 日本のフィギュアスケート界を牽引し続ける高橋大輔、 町田樹、 織田信成、 小塚崇彦ら名選手の軌跡もご紹介。 巻頭のカラーグラビアでも各選手の名シーンを収録しています。 著者が10年以上近くで取材してきたから書けた、 ほかでは読めない貴重な内容が満載です。 

また巻末には、 本書に登場する選手たちのプロフィールや戦績がひと目でわかる一覧表も掲載。 選手たちが歩んできたフィギュアスケートの歴史を、 さらに深く楽しむことができます。 

さらにBOOK☆WALKERストア他で配信される電子版には、 単行本にはない選手たちのスナップ集も収録。 リンクを離れた選手たちのリラックスした表情がここだけで見られます。 

 

『百獣繚乱 ―フィギュアスケート日本男子― ソチからピョンチャンヘ』
青嶋ひろの(著)
 
フィギュアスケート日本男子。 たくさんの選手が鎬(しのぎ)を削り、 オリンピックメダリスト2人、 世界選手権メダリスト4人を輩出するという輝かしい時代を作り上げてきた。 羽生結弦、 高橋大輔、 町田樹、 宇野昌磨、 小塚崇彦、 山本草太、 田中刑事、 日野龍樹、 本田太一、 織田信成、 無良崇人、 村上大介らフィギュアスケート男子たちの絶好調の時もどん底の時も見守ってきた著者が10年のインタビューを振りかえる、 渾身の「読むフィギュアスケート」。 選手たちの軌跡がわかるデータ、 写真も多数収録。 電子版には、 単行本にはない選手たちのスナップ集の特典付き!

ブックウォーカー  http://bookwalker.jp/ 
ブックウォーカー『百獣繚乱 ―フィギュアスケート日本男子― ソチからピョンチャンヘ』詳細ページ
http://bookwalker.jp/deace7cb69-f15c-471b-a533-317f831335d5/ 

著者 青嶋ひろの(あおしま・ひろの)プロフィール 
静岡県浜松市出身。 早稲田大学卒。 フリーライター。 2002-03年シーズンからフィギュアスケートの取材を始め、 フィギュアスケート関連の著作・企画本を手掛ける。 著書に「羽生結弦物語」「浅田真央物語」「最強男子。 」などがある。 

紙版:本体1,600円+税/電子版:希望小売価格1,500円+税
発行:株式会社ブックウォーカー 発売:株式会社KADOKAWA
配信書店:BOOK☆WALKERストアほか、 国内主要電子書店で順次配信予定

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)