2018年3月卒業予定者の就職活動に関する調査 【6月15日時点の状況】内定獲得率は67.5%に到達

~6月1日から半月で約14ポイントの伸び~

企業の採用活動を支援するサイト「JOBRASS新卒」を運営する株式会社アイデム(本社:新宿区新宿/代表取締役社長:椛山 亮)の人と仕事研究所  https://apj.aidem.co.jp/  では、 2018年3月卒業予定で、 民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の男女681名を対象に調査を実施しました。 この度、 その調査結果をお知らせします。

  • 調査結果

≪内定獲得率≫
内定獲得率は67.5%に
1社以上の内定を獲得した学生は67.5%。 6月1日から半月で13.9ポイントの増加、 前年比7.4ポイント増加。
内定獲得者のうち、 就職活動を終了させた者は62.8%に上り、 前年から3.7ポイント増加した。

≪内定獲得社数≫ ※対象:内定を獲得している学生
平均2.3社 60.6%が複数内定を獲得
内定獲得者のうち、 2社以上の複数内定を獲得した学生は60.6%に上った。 平均社数は2.3社で、 6月1日から半月で0.4社増加、 前年から0.1社の増加となっている。

 ≪就職活動継続中の学生の動向≫ ※対象:就職活動中の学生
就職活動中の学生の63.8%が、 新たに企業に応募する予定あり
6月15日以降、 新たに企業に応募する予定がある学生は、 就職活動中の学生の63.8%。
新たに企業に応募する学生の割合は、 3月以降減少傾向にあったが、 6月15日時点で初めて増加に転じた。

 

  • 調査概要

調査対象:2018年3月卒業予定で、 民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の男女
調査方法:インターネット調査
調査期間:2017年6月15日~19日
有効回答:681名

  • 調査・分析担当者のコメント

アイデム人と仕事研究所 所長 岸川 宏

内定を獲得している学生の割合は、 6月15日時点で67.5%に達しました。 6月1日調査から15日間で一気に14ポイント上昇し、 選考解禁となった6月1日から急ピッチで内定が出されています。
広報解禁日(3月1日)時点の内定獲得率は例年と変わらないものの、 企業が内定を出すスピードは毎年早まってきているようです。
一方、 「新たな企業に応募」する学生の割合は3月以降減少傾向でしたが、 6月15日調査時点で増加に転じました。 就職活動を終了させる学生がいる一方、 第一志望の選考結果により新たに応募活動を行なう学生や、 内定を保持しながらも就職活動を続ける学生も少なくありません。

<本件に関するお問い合わせ先> 株式会社アイデム 広報担当/望月・栗木 電話:03-5269-8780

<株式会社アイデム 会社概要>
求人媒体事業】逆求人型就職活動サイト「JOBRASS新卒」・求人サイト「イーアイデム」運営、 新聞折込求人紙「しごと情報アイデム」、 求人フリーペーパー「ジョブアイデム」企画・発行    【人材紹介事業】「Aidem Smart Agent」(新卒・転職・メディカル)
【アイデム 人と仕事研究所】人材育成:各種セミナー、 ビジネスマナー、 講師派遣(オリジナル研修)、 新入社員育成プログラム
調査・情報サービス:会員制ホームページの運営、 オリジナル調査資料の定期発行、 人事・労務管理情報紙の編集・発行

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-4-10 電話/03-5269-8711(代) http://www.aidem.co.jp

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)