「大阪大学はダイハツ発祥の地」ダイハツ工業 三井社長が講演

ダイハツ工業 三井社長は、 で、 11月28日に大阪大学 豊中キャンパスで、 「ものづくり 人づくり 夢づくり~ダイハツ社長のここだけの話~」をテーマに講演した。
この講演は、 日本自動車工業会主催の「大学キャンパス出張授業」で、 若者の「クルマへの関心醸成」「自動車産業・ものづくりへの理解促進」を目的に開催され、 今年で4回目となる。

ダイハツ工業は、 大阪高等工業学校(現 大阪大学工学部)の学者や技術者が中心となり「日本の産業発展に貢献したい」「人々の生活を支え、 豊かにしたい」という高い志と、 モノづくりに対する熱い想いで、 灌漑用の発動機を造る会社として1907年に創業した。 その創業経緯の説明の中で、 ダイハツ工業の三井社長は今回の講演を「109年ぶりの里帰り」と紹介。

ダイハツの技術開発の取組みを通じて「お客様が求めるクルマをいち早くキャッチしどこよりも早く、 安くそのクルマをお届けできる会社になり、 人々の生活豊かにし、 社会に貢献する。 これからも『お客様に一番近い会社』を目指して走り続けていきたい」と語り、

「ものづくりの素晴らしさ」や「クルマって楽しそう」と感じてほしいと締めくくった。

学生からは「社長の思いを直に聞ける貴重な機会となった」、 「ものづくりに対する姿勢がよくわかり、 興味深かった」「ダイハツが取り組んできたイノベーションを知ることができた」といった感想が寄せられていた。

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)