空気圧不足がタイヤの発熱、バーストの原因に 異なる空気圧で表面温度とバースト現象を検証しました。

 

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗七生)は、 空気圧の違いでバーストの危険性が変わるのか、 タイヤ試験機を使って検証しました。

JAFのロードサービス救援依頼で「タイヤのパンク」は上位を占め、 高速道路での救援においては、 およそ33%を占めるトップとなっています。 この中にはタイヤが破裂するバーストも含まれますが、 タイヤの空気圧不足が影響するものなのか、 テストを行い検証しました。 また、 バーストが起こった際の車の挙動についても、 併せて検証しました。

 
■テスト1
【テスト方法】
タイヤメーカーの試験機を使用し、 空気圧が「適正」と「半分」の2つのタイヤ(新
品)で速度による変化と、 サーモグラフィで表面温度を計測。

 

【結果】
適正空気圧のタイヤでは、 速度210kmまで上げても外見上では問題なかったが、 半分のタイヤでは、 200kmでタイヤの表面が波打つスタンディングウェーブ現象が発生し、 表面温度は100℃を超えました。 さらに時速210kmになると、 波打ちが激しくなりバーストしました。

【考察】
空気圧が低いタイヤはたわみやすく、 スタンディングウェーブ現象が起きやすくなります。 熱を持ち、 内部
が損傷することにより、 バーストにつながります。
テストでは時速210km時点でしたが、 長期間使用したタイヤの場合、 法定速度内でもバーストする可能性があります。
また、 タイヤを縁石などにぶつけたり擦ったりした場合もバーストしやすくなるので注意が必要です。

 

■テスト2
【テスト方法】
直進コースとカーブコースにおいて、 突起物を右前輪で踏み、 バーストを再現。
進入速度は直進が時速70km、 カーブが時速50km。

 

【結果】
通常走行した場合と比較すると、 直進では、 バースト車両は同じ位置でブレーキを踏んだが、 停止距離が5mほど
延びました。
カーブでは外側に大きくふくらみ、 パイロンに沿って曲がれませんでした。

【考察】
バースト発生時は車の挙動が乱れます。 慌てて急ハンドルや急ブレーキをせず、 ハンドルをしっ かり保持して減速するようにしましょう。

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)