8割以上に目の疲れ「スマホ老眼」の可能性 「断(だん)スマホ」が我慢できるのはたったの半日!

株式会社ファンケルは、 20代から40代のスマートフォンの使用者男女500名を対象に「現代人のスマホとの付き合い方に関する意識と実態」の調査を行いました。

調査の結果、 スマホを朝から夜まで長時間使用することで、 スマホの体への影響を感じているという答えが83%もあり、 現代人には「スマホ老眼」の予備軍が多数いる実態が浮き彫り になりました。 また、 スマホを寝るまで手放せないという回答も63%もあり、 現代人がスマホに依存する生活を送っていることも判明 しました。 さらに、 スマホを断ち切る「 断スマホ」をたった半日でも耐えられない という現代人の一面も明らかになりました。

■ 8割が予備軍!? “スマホ労眼(ろうがん)ケア”の必要性

朝から夜まで長時間使用している「スマホ」。 体への影響を感じている人も多く、 スマホ」を見ていて目の疲れを感じた経験がある人は83% にもおよびました。

調査に対して「目がしょぼしょぼして疲れがたまっているような気がする」(37歳・男性)、 「時間がある時はついスマホを見ているので、 常に目が疲れている」(22歳・女性)などの意見も寄せられました。 多くは 「スマホ老眼 * 」に陥っている可能性が考えられます。 そこで スマホ老眼をケアするための わる“スマホ労眼(ろうがん)ケア”の必要性があるとみられます。

*スマホ老眼:スマホやPCの画面を長時間見続けることで、 一時的に目の焦点が合いづらくなったり、 目がかすんだりする現象

■ 現代人は“スマホ第一主義”!?
「スマホ は宝箱」 約4割

現代人はスマホの存在をどう感じているのか。 回答の中で、 一番多かったのは「自分の大好きなこと、 趣味が詰まった宝箱」の43%でした。 また「自分のすべてのデータが詰まっている自分の分身」も30%という結果になりました。

もはや「スマホ」はただの便利な情報通信機器ではなく、 「宝箱」 や「自分の分身」 とさえ思われている重要な存在 でした

・「スマホは夜寝るまで手放せない存在」が約6割  

スマホとの関係性で「ふとんにもぐりこんだら、 スマホを眺めるのが寝る前の日課」という人は63%でした。

文字通り多くの人が「 寝るまで 手放せない」 関係性の アイテムとして使用していること が分かります。

4 人に 1 人は「忘れたら遅刻しても取りに帰る」

また、 スマホとの関わりはここまでもか、 という結果も出ています。 「スマホを家に忘れたことに気づき、 用事に遅れるにも関わらず取りに戻ったことがある」が24%で、 約4人に1人いました。

まさに 現代人は 日常生活で 何よりも優先して 「スマホ 第一主 となっていることが ます

■ 「断(だん)スマホ」は半日まで 限界は丸1日!?

スマホを断ち切る「断スマホ」を経験したことがある人が、 実際に「断スマホ」をできた時間は「丸1日 まで 」が
約8割でした 。 耐えられる時間は「丸1日」が限界のようです。
また、 「断スマホ」を経験したことがない人が耐えられそうな時間にいたっては、 「半日まで 約6割に および、 弱気な姿勢がうかがえる結果 になりました。

そして、 「断スマホ」経験者でさえも半日しか耐えられないとの回答が43%もありました。
まさに現代人が「断スマホ」生活を送ることの難しさが 分か ります。

■ スマホが手放せない現代人に、 スマホ“労眼”サプリメント「スマホえんきん(R)」

今回の調査では、 「宝箱」「自分の分身」に値するほど片時も手放せず大切な「スマホ」の存在と、 “労眼(ろうがん)”ケアが 必要にも関わらず、 半日以上の「 断スマホ」に耐えられない 現代人の実状が分かりました。

そんな現代人の「断スマホ」に代わる“労眼”ケアにおすすめなのが、 「スマホ」の使用などによる目の疲労感を緩和する機能性表示食品「スマホえんきん (R)」 です。 「スマホえんきん(R)」には、 機能性関与成分としてビルベリー由来アントシアニンを57.6mg配合しています。 ビルベリー由来アントシアニンには、 目の疲れを和らげる働きについての臨床試験報告があり、 これらの論文を精査して(システマティックレビュー)、 消費者庁に機能性表示食品として届出を行い、 公表されました。 「スマホ」は手放せないけれども目も労わりたいお客様は、 目を休めるとともにぜひ「スマホえんきん(R)」をご利用ください。

「スマホえんきん(R)」

【製品概要】
製品名:スマホえんきん(R)
内容量/価格(税込):約30日分(60粒) 1,563円
販売地域:全国
※スーパー、 ドラッグストア、 ファンケル直営店舗、 通信販売でお求めいただけます。
URL: http://www.fancl.co.jp/senews/

 

[調査概要]
調査名: 「スマホ」の利用実態に関する調査
調査期間:2017年3月10日(金)~3月16日(木)
調査対象:事前調査で平日あるいは休日に「スマホ」を1時間以上利用していると回答した20~40代のスマホユーザー男女500名 ※性・年代別均等割付
調査方法:インターネット調査

▼▼この記事はいかがでしたか?▼▼
  • とってもいいね! (0)
  •   いいね!   (0)
  •   まぁいいね!  (0)
  • どうでもいいね! (0)
  •  いくないね!  (0)